「パリーグTV」と楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」の違いを比較してみる

パ・リーグ6球団の野球中継の動画配信サービスといえば、「パリーグTV」と楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」。

料金やプラン内容はどう違うのか?どの試合が視聴できるのか?どんな端末でみれるのか?

この2つの動画配信サービスを詳しく比較検証します。

※本ページの情報は2019年3月11日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください

(関連記事)プロ野球のネット中継におすすめの動画配信サービス比較まとめ【2019年シーズン】

「パーソナル パ・リーグTV」とは?

パーソナル パ・リーグTV

パリーグTVの正式名称は、「パーソナル パ・リーグTV(以下、パリーグTV)」といいます。

パ・リーグの6球団の公式動画配信サービスです。

6球団すべての試合がライブ視聴でき、録画の見逃し配信も視聴が可能。
さらに、3試合を1つの画面で同時視聴できたり、2012年以降のパ・リーグ主催試合のアーカイブがあったり、VR配信などもあるパ・リーグをみるならココ!という動画配信サービスです。

公式サイト:パーソナル パ・リーグTV

楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」とは?

楽天TV「パ・リーグ スペシャル」画面

Rakuten パ・リーグSpecial」は、楽天市場の動画配信サービス「Rakuten TV(楽天TV)」のいろいろある月額コースの1つです。

パ・リーグの6球団の試合をライブ視聴&見逃し配信できる、パ・リーグの動画専門の月額コース。
もちろん、楽天TVサービス内の映画やドラマをレンタル購入したり、他の月額コースを購入して利用できたりします。

ちなみに、楽天TVのサービスを利用するには利用登録が必要ですが、利用登録は無料です。

公式サイト:Rakuten パ・リーグSpecial

「パリーグTV」と楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」の違いを比較

簡単に結論をいいますと、「パリーグTV」と楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」は違うものとなります。

主なパ・リーグの試合の動画はどちらもライブ配信と見逃し配信(録画)を視聴できますが、さらに+αとしてパリーグTVの方が、よりパ・リーグに関する動画を視聴できます。

それでは、違いを1つ1つ詳しくみていきます。

1.料金プランの違い

料金プランの違いは、以下になります。

パ・リーグTV 楽天TV
見放題パック 月額1,450円
※ファンクラブ会員の場合 950円

交流戦パック 月額1,450円
1dayチケット 600円

月額プラン 月額690円
年額プラン 年額5,500円

パ・リーグTVは、「見放題パック」がベースのプランとなっており、配信されている全ての試合の動画が見放題となります。
こちらのパックは、パ・リーグ各球団のファンクラブ会員なら950円の割引価格に。

その他の「交流戦パック」は交流戦の試合だけがみれ、「1dayチケット」は1日だけ試合がみれるプランとなってます。

楽天TVは、基本的に1プランしかなく、月額か年額で支払うかの違いだけです。年額にすると、2,780円のお得。

ちなみに、どちらも見放題なので追加料金は必要ないですが、パ・リーグTVの特別な「VR配信」の試合をみる場合は別途費用がかかります。

2.支払い方法の違い

支払い方法の違いは、以下になります。

パ・リーグTV 楽天TV
クレジットカード
楽天Pay決済
Yahoo! ウォレット(口座振替も可能)
キャリア決済(ドコモ spモード決済、auかんたん決済)
クレジットカード
キャリア決済(ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い)

ちなみに、楽天TVの支払いに関しては、以下の条件があります。

  • キャリア決済では「楽天スーパーポイント」「ラ・クーポン」を利用できない
  • ドコモケータイ払いでは「アダルト作品」を利用できない
  • 年額プランは「クレジットカードのみ

3.視聴できる試合の違い(公式戦、交流戦など)

視聴できる試合の違いは、公式サイトでは以下のように記載されてます。

パ・リーグTV 楽天TV

パ・リーグ主催の一軍公式戦
パ・リーグ主催の交流戦
パ・リーグ主催のクライマックスシリーズ

巨人・阪神主催の交流戦
パ・リーグ主催の二軍公式戦(一部対象外もあり)

パ・リーグ主催の一軍公式戦
パ・リーグ主催の交流戦
パ・リーグ主催のクライマックスシリーズ
一部のオープン戦

※上記は変更される場合があります

基本的には、パ・リーグ主催の一軍公式戦、交流戦、クライマックスシリーズはどちらも視聴できるようですね。

しかし、パリーグTVの方が、パ・リーグに関する試合が多くみれます。
二軍公式戦の試合や、巨人・阪神主催の交流戦がみれますし。

よりマニアックに、多くの試合をみるならパリーグTVですね。

4.その他のコンテンツ

その他の動画コンテンツとして、以下のようなものがあります。

パ・リーグTV 楽天TV
見逃し配信(録画)
試合ダイジェスト
ヒーローインタビュー
2012年以降のパ・リーグ主催の全試合アーカイブ
特集動画
VR配信
見逃し配信(録画)
試合ダイジェスト
ヒーローインタビュー
作シーズン2018年の試合・ダイジェスト・ヒーローインタビュー
週刊パ・リーグ

見逃し配信」「ダイジェスト」「ヒーローインタビュー」はどちらも視聴できます。

しかし、パ・リーグTVはさらに多くの動画を楽しめるようですね。

特に、2012年以降のパ・リーグ主催の全試合がみれるのはスゴイ!
また、特集動画があったりもしますね。

さらに、新たな試みとして「VR配信」。別途料金でVRをつかって試合を観戦できるという動画配信サービスです。臨場感、ライブ感がハンパないでしょうね(ちなみに、2019年シーズンもやるかは不明)。

こちらも、パ・リーグTVの方がコンテンツが上です。

5.画質の違い

画質は以下のようになってます。

パ・リーグTV 楽天TV
自動
1080p
720p
360p
138p
品質:高
1080p
720p

品質:中
540p~360p

品質:低
270p~140p

画質(画素数)の数値は、以下を参考にどうぞ。

1080pは、1920×1080の「フルHD画質」(Blu-ray並)
720pは、1080×720の「HD画質
480pは、720×480の「SD画質」(DVD並)

テレビで見る場合は、HD画質ならば十分な画質。

パ・リーグTVは、通信速度によって自動で画質がかわります。
最大でフルHD画質のキレイな映像でみれますが、通信速度が低いと最悪138p=245×138になるので、スマホでも荒い画質になりそうですね。

楽天TVは、配信している作品によって画質はかわるようです。
そして、自動で画質を表示することができますが、手動でも品質を設定でき、画質変更が可能となってます。

画質はほとんど同じですが、品質を設定できる点は楽天TVが良さそう。

キレイに見たい場合は、とにかく通信速度は大事になってきます。

6.対応デバイス・ダウンロード機能の違い

対応しているデバイスの違いは、以下になります。

パ・リーグTV 楽天TV
スマホ・タブレット、PC

(テレビで見る場合)
Chromecast、Apple TV、Miracast、HDMIケーブル

スマホ・タブレット、PC

(テレビで見る場合)
Rakuten TVアプリに対応したパナソニック「ビエラ」、ソニー「ブラビア」のスマートTV
Chromecast、Apple TV、Android TV、ゲーム機(PlayStation4)、HDMIケーブル

どちらも、基本的にはAndroidとiOSのスマホ・タブレット、またPCでの視聴は可能ですね。

そして、テレビで見るには、それぞれ機器をつかって見れます。
楽天TVの方が、対応している機器が少し多い。

あとは、楽天TVはスマホアプリで「ダウンロード機能」を利用してオフライン視聴が可能。
家で動画をダウンロードして、外出先で通信費を気にせず視聴できます。

しかし、パ・リーグTVにはダウンロード機能はないようですね。

比較まとめ(表)

今までの比較した内容を表にまとめます。

項目 パ・リーグTV 楽天TV
料金プラン 見放題パック 月額1,450円
※ファンクラブ会員の場合 950円

交流戦パック 月額1,450円
1dayチケット 600円

月額プラン 月額690円
年額プラン 年額5,500円
支払い方法 クレジットカード
楽天Pay決済
Yahoo! ウォレット(口座振替も可能)
キャリア決済(ドコモ spモード決済、auかんたん決済)
クレジットカード
キャリア決済(ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い)
視聴できる試合

パ・リーグ主催の一軍公式戦
パ・リーグ主催の交流戦
パ・リーグ主催のクライマックスシリーズ

巨人・阪神主催の交流戦
パ・リーグ主催の二軍公式戦(一部対象外もあり)

パ・リーグ主催の一軍公式戦
パ・リーグ主催の交流戦
パ・リーグ主催のクライマックスシリーズ
一部のオープン戦
他コンテンツ 見逃し配信(録画)
試合ダイジェスト
ヒーローインタビュー
2012年以降のパ・リーグ主催の全試合アーカイブ
特集動画
VR配信
見逃し配信(録画)
試合ダイジェスト
ヒーローインタビュー
作シーズン2018年の試合・ダイジェスト・ヒーローインタビュー
週刊パ・リーグ
画質 自動
1080p
720p
360p
138p
品質:高
1080p
720p

品質:中
540p~360p

品質:低
270p~140p

デバイス スマホ・タブレット、PC

(テレビで視聴する場合)
Chromecast、Apple TV、Miracast、HDMIケーブル

スマホ・タブレット、PC

(テレビで視聴する場合)
Rakuten TVアプリに対応したパナソニック「ビエラ」、ソニー「ブラビア」のスマートTV
Chromecast、Apple TV、Android TV、ゲーム機(PlayStation4)、HDMIケーブル

ダウンロード機能 なし あり
無料お試し 現在はなし 現在はなし

口コミ・評判

パリーグTVと楽天TVの口コミ・評判をまとめてみました(主に、ツイッターから)。
人によって意見も違うところもありますが、参考までにどうぞ。

野球

「パリーグTV」の口コミ・評判

  • ライブ放送は遅延もなく快適。ただ2軍の試合は少し起きることも
  • 動画と音声がズレてる…
  • フリーズした後に打たれていた…
  • 2000本安打を見て駅で1人泣いてしまった
  • 仕事でいけないので、今さらながらパリーグTVに加入
  • 試合を見直してたら、パフォーマンスの時のある選手の行動が面白いのを発見
  • マルチアングルでいろんな角度から見ると面白い
  • 解説のオン・オフが地味に便利
  • 一球速報の方が早いな…

よい意見としては、「機能」的な面がいくつかあり、あとは「2軍」の試合がみれるという点など。
わるい意見としては、「動画の動作」についてチラチラと。

楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」の口コミ・評判

  • 快適に野球がみれるから助かる
  • 固まってまったく見れない
  • 数分の遅延がある。数秒にしてほしいな
  • パリーグの主催試合だけ見るなら安いのでよい
  • 楽天スーパーポイントが使えるし、ポイント倍率が高くなるのでお得
  • パリーグTVより画質いいな
  • 2軍の試合みたいから、パリーグTVに乗り換えようかな
  • 球場の音だけにできないな…
  • もっと早く契約しておけばよかった…

よい意見としては、やはり「安い」「お得」という意見が。また、パリーグTVより「画質」がよいという意見が、いくつかありましたね。
悪い意見としては、「動画の動作」について不満のある人がチラチラとあり、「2軍」の試合がみれないという点など。

動画の動作の問題や、遅延などはお互いあったりするみたいですね。ただ人によっては、特に問題ないという人も。
個々の通信状態やデバイスの状態、大事な試合などで視聴者が集中した場合などに、そういったことが起こることも考えられますね。

おすすめする人

「パリーグTV」をおすすめする人

パリーグTVをおすすめする人は、以下になります。

  • 骨の真髄までパ・リーグの球団のファンの人

やはり、最高にパ・リーグの動画をとことん楽しむならパ・リーグTV一択でしょう!

楽天TVより多くの動画がみれるので、ファンの方なら加入しても損はないと思います。
過去の名試合をみながらファン同士で語り合うのもよいですし、2軍選手から応援したい人にも最適。

特に熱心なファン、マニアックに楽しみたい方におすすめです。

楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」をおすすめする人

Rakuten パ・リーグSpecialをおすすめする人は、以下になります。

  • パ・リーグの主な試合がみれればよい人
  • 安い料金で楽しみたい人
  • 野球以外の映画・ドラマ・アニメなどの動画をレンタルしたい人

マニアックに楽しみたいならパリーグTVですが、シーズンの主な試合が見れれば満足という方は、楽天TVでも十分でしょう。
安い価格ですし、楽天会員なら加入しやすいですし、視聴環境の使い勝手は楽天TVの方が少しよさそうですし。

シンプルに楽しむならRakuten パ・リーグSpecialにおすすめです。

無料お試し期間はあるの?

現在のところ、パ・リーグTVには無料お試しはなく、Rakuten パ・リーグSpecialは「31日間の無料お試し」があります。

どちらにしようか迷っている方は、まずは無料お試し体験をしてみてはどうでしょうか。

パリーグTVの申し込みは、以下の公式サイトの「利用登録」からどうぞ。

パーソナル パ・リーグTV

楽天TVの申し込みは、以下の公式サイトからどうぞ。

Rakuten パ・リーグSpecial

ちなみに、楽天TVについては登録方法をまとめておりますので、不安な方は以下の記事を参考にどうぞ。
>楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」の登録・解約方法

それでは、「パリーグTV」と楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」の違いを比較してみるでした。

(追記)ソフトバンクの「パ・リーグLIVE」も参戦!三つ巴の戦いか?

パ・リーグLIVE「トップページ」画面

以前からソフトバンクが提供している動画配信サービス「パ・リーグLIVE」がありましたが、ソフトバンクの特定のケータイプランの人しか見れない限定されたサービスでした。

しかし、2019年シーズンから加入が緩和され、ソフトバンク以外の人でも加入できるようになりました!

いったいどんなサービス内容なのか?
以下、パ・リーグTVと楽天パ・リーグと簡単に比較してみます。

見れる試合は?

見れる試合は、以下のようになります。

  • パ・リーグ公式戦全試合
  • パ・リーグ主催の交流戦
  • パ・リーグ クライマックスシリーズ
  • 埼玉西部ライオンズのファーム戦

※日本シリーズの配信はなし

あとは、過去1週間分の試合のアーカイブ視聴があります。

西武の2軍の試合が見れることをのぞけば、パ・リーグの主な試合が見れるといった感じで、楽天TVとだいたい同じですね。
なぜ、西武だけ2軍の試合がみれるかは謎ですが。

対応デバイスや機能面は?

パ・リーグLIVEは、スマホ・タブレットで見れます(Amazon Fire HDタブレットでも視聴可)。

専用アプリではなく、ブラウザで視聴する形。
そして、残念ながらPCやテレビでは見れないようですね。ブラウザ視聴ですが、PCで見ようとするとエラーとなりますし。

対応デバイスや機能面は、今のところはパ・リーグTVや楽天TVよりは劣る感じ。

料金や加入方法は?

パ・リーグLIVEに加入するには、ソフトバンク(またはY!mobile)のスマホを利用しているなら、「スマートログイン設定」をすれば追加費用なしで視聴できます。

それ以外の人は、月額462円(税抜)の「Yahooプレミアム会員」になることで、追加費用なしで見放題で視聴ができます。

Yahooプレミアム会員になるといろいろな特典があり、Yahooショッピングの買い物が5倍になったり、漫画・雑誌見放題(野球雑誌もあり)、Bリーグの動画配信サービス「バスケットLIVE」も見放題でみれますよ。
この料金でパ・リーグLIVEが見れて、特典がいろいろなのでけっこうお得。

プレミアム会員の詳しい特典については、こちらの「Yahoo!プレミアム 」を参考にどうぞ。

パ・リーグTVとRakuten パ・リーグSpecialと比較すると…

全体的には、楽天TVより弱い感じですね。

ただ、価格は楽天TVより安いですし(ソフトバンクユーザーなら無料)、スマホで主な試合が見れればOKという方には良いですね。地元バスケットのBリーグにも興味があるなら、なおさら。

そのような方は、パ・リーグLIVEを検討してみてはどうでしょうか。

申し込みは、以下の公式ページからどうぞ。

パ・リーグLIVE

詳しい視聴方法は、以下の記事を参考にどうぞ。
>「パ・リーグLIVE」の視聴方法(登録)。また、Yahooプレミアム会員の視聴手順

※本ページの情報は2019年3月11日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください