このサイトは、TV番組の面倒な録画をやめたいと思っている人、大量の録画の整理・管理に疲れている人、録画をしても見ない人に動画配信サービス(VOD)をオススメしているサイトです。

※この1ページで、動画配信サービスについての基本を理解できます

録画のデメリット

録画が面倒くさい、時間とられる、疲れる、ストレス…

TV番組を録画することで、自分の好きなタイミングで番組がみれますし、Blu-ryaやDVDや外部HDDに記録することで長期間保存して、ずっと見ることができます。

しかし、適度に活用しているのなら良いのですが、見たい番組がたくさんあったり、たくさんの番組を保存するようになると大変になってきます。

POINT

  • HDDに録画したデータを整理するのが面倒
  • CMなどをカットして編集するのが面倒
  • 書き込みをしたメディアを整理、保管するのが大変
  • 録画する量が増えるごとに時間、労力、ストレスが増大

まず、HDD内でデータを整理するのが面倒です。どれを消してどれを見るか、画質はどうでどれを移動させるかといったことを考えるのが面倒。それがたくさんになると容量の問題があり、凄く大変に。

また、ずっと保存しておきたい作品ですと、キレイにCMなどをカットして編集することに。少ない数の編集なら良いですが、多くなればなるほど編集が大変。チマチマと時間をかけ編集し、まだ編集してない作品の数にボーゼンとすることも。

さらに、Blu-rayやDVDに保存すると、焼くのに時間や費用がかかります。そして、大きな問題はどんどんメディアが増えていって置き場所にも困り、保管して整理するのも大変になってきます。部屋をみわたすと焼いたメディアだらけという状態に。

そして、録画したものやメディアに保存したものを全部みれば良いのですが、ほとんど見なかったりします。ただ取っておいているという状態に。「私は一体、何をしているのだろう…」と思いたくもなります。

このように悪化すると、けっこうな労力がかかり、人生の大事な時間がとられ、無駄に場所もとられ、いろんな面で録画がストレスとなります
作品を楽しむために録画を始めたのに、録画するために録画しているようなものです。

管理人も、最悪な時は約週80番組を録画するほどのヘビーユーザーだったので、このようなヒドイ状態でしたが、こういった悪循環を抜け出せない人が多くいると思います。

動画配信サービスのメリット

そして、そんな録画地獄にハマった人にオススメなのが「動画配信サービス」です。

動画配信サービスとは、インターネットを通じてパソコンやスマートフォン、テレビなどで映画・ドラマ・アニメなどの動画を視聴できるサービスです。通称「VOD(ビデオ・オン・デマンド)」といいます。

POINT

  • 録画の整理・編集・保存・管理がいらなくなる
  • 録画の余計なストレスがなくなり、純粋に作品を楽しめる
  • 録画にかかってた余計な時間がなくなり、新しい自分の時間が生まれる

最近は、1,000円以下の料金が安いサービスが多くでてきているので、料金が高めだったスカパーやWOWOWなどと違い、気軽に加入しやすいものになってます。もし、メディアや外部HDDに大量の保存費用をかけている方、また録画にいろいろと労力をとられている方なら十分安いサービスです。

そして、最近はコンテンツ数や面白いジャンルがどんどん増えていって、より楽しめるサービスに成長しています。テレビで放送中の番組や、新作の映画、海外のドラマ、懐かしの作品なども見れますし、他では見れないクオリティの高いオリジナル作品なども。
視聴する時もテレビだけでなく、PCやスマホ、タブレットでいつでもどこでも視聴することができます。

もちろん、動画配信サービスはデータがネット上にあるので、録画のように自分で大変な整理・保存・管理する必要がありません。「編集が面倒だな…、どう整理しようか…、貯まったディスクをどうしようか…」なんて悩む必要もありません。
今まで録画に凄い時間がかかっていた作業がなくなりますし、余計なことで悩む必要もなくなり、ストレスフリーとなります。あとは、自分が見たい時に、ただ見たい作品を見るだけです。

このように動画配信サービスを活用することで、録画で悩んでいた問題がアッサリと解決されます。

動画配信サービスのデメリット

もちろん、動画配信にもデメリットはあります。

POINT

  • 現在、テレビで放送されている番組が、全て配信されていない
  • 配信されていたものが、途中で配信されなくなる
  • 録画で「自分の物にしたい」「無料なものを手にして得をしたい」という欲求をみたせなくなる

このようなデメリットがあります。

しかし、「現在、テレビで放送されている番組が、全て配信されていない」ことがありますが、もし見たい最新作が配信されていない場合は、録画でフォローする形がとれます。いきなり録画を全て辞めなくても、ほどよく併用して使うと良いです。

また、サービスによって「配信されていたものが、途中で配信されなくなる」ということがありますが、その点は多少の諦めが必要です。しかし、名作や人気作ならば、また復活することもありますので、それほど不安になることでもないです。

さらに録画で「自分の物にしたい」「無料なものを手にして得をしたい」という欲求をみたせなくなりますが、ここはスッパリと諦めしょう!管理人も経験済みですが、確かにそのような快感は自分の心を少し満たしてくれますが、やはり先にあげたような大きなデメリットを生んでしまうので、ここは踏ん張って諦めるべきです。

このようにデメリットはありますが、そのデメリットをくつがえすだけのメリットが動画配信サービスにあります。

録画地獄を抜け出し、リラックスして純粋に作品を楽しもう!

「純粋に作品を楽しむ」ことが、作品を見ることが好きな私たちが本当にやりたかったことだと思います。

以下から、「どういった動画配信サービスを選んだら良いのか?」という点について解説します。

動画配信サービスを選ぶポイント

動画配信サービスはいろいろありますが、選ぶための基本的なポイントは2点です。

  • 料金
  • コンテンツ

この2点について、詳しく説明します。

料金

まず、「料金」がポイントとなります。

動画配信サービスは、毎月定額料金を支払うことで視聴できます。
現在は、主に約500円、1,000円、2,000円の価格帯が多いです。基本的には料金ランクによって作品数や内容の質があがりますが、一番低いランクの500円だから大したことがないわけではなく、最近は十分に満足できるサービスを提供しています。

そして、定額をはらえば全ての作品が見れるというわけではなく、各社サービスによって「全て見放題」と「見放題+レンタル」の2つの形態に大きく分かれています。
「全て見放題」は、その名のとおり作品の全てが見放題で、定額料金だけですみます。
「見放題+レンタル」は、見放題の作品もありますが、定額料金とは別に追加料金をはらってレンタルしなければ視聴できないという作品があります。

レンタル」は、その作品を一定期間みれる方式です(レンタルビデオのようなもの)。主に最新作がレンタルとなることが多いですが、そうでない場合も。何がレンタルとなるかは各社サービスによって違います。
そして、中には毎月「ポイント」が支給され、そのポイントを使ってレンタル作品をいくつかみれるというサービスもあります。

そして、レンタルとは別に「購入」というものもあります。レンタルは期限が決まってますが、購入ですとサービスを解約するまで何度でも見ることができます(電子書籍を購入するようなもの)。その場合は、もちろんレンタルより購入の方が料金が圧倒的に高いです。

このような料金形態となっており、ご自身の予算にあわせて考える必要があります。

コンテンツ

そして、選ぶ時に一番大事なのが「何をみたいか!」という点です。

各社サービスによって、何のジャンルに力を入れているかが違いますので、自分の見たいジャンルに力がはいっているサービスを探すのが基本。中には、1ジャンルだけを専門にしているところもあり、それが見たいものなら選びやすいです(アニメ専門や、スポーツ専門など)。

また、チェックする点としては、「自分のみたい作品はあるか?」「そのジャンルの作品数は多いか?」「新作は見れるのか?」「全て見放題なのか?またはレンタルが多いのか?」といった点を確認して下さい。

あと動画配信サービスは、定番の映画・ドラマ・アニメ以外のコンテンツもあります。
オリジナル作品、バラエティ、音楽、スポーツ、ドキュメンタリー、キッズ、カラオケ、雑誌、電子書籍など。このへんは各サービスによって違いがあり特徴となってます。

好きなジャンルがいろいろあって、探せば探すほどアレもコレもと悩ましいところですが、「録画をやめる」また「録画を減らす」という点を考えるなら、自分が多く録画してるジャンルが強いところに焦点を当ててて、探された方がよいです。

ちなみに、「全体のコンテンツ数」は各社サービスによって大きく違ったりしますが、定番のジャンル以外で本数の多いもの(カラオケとか、ドキュメンタリーとか)が計算に含まれていることもあるので、大まかな目安として捉えた方がよいです。

目的別に選ぶ

ジャンルごとにオススメの動画配信サービスを紹介いたします。

いろいろ見たいなら

いろいろ

いろいろ見たいなら「Amazonプライム・ビデオ」「dTV」「Hulu」「U-NEXT」がオススメです。

Amazonプライム・ビデオ(年会費3,900円)は、業界内で一番安く、プライム会員となることでAmazonのいろんな特典サービスを利用できるようになるのが大きなウリです。コンテンツは他と比べて弱めですが、それでも十分な見ごたえ。時々レンタルビデオをかりるような、ライトな感覚で動画配信を楽しむ方に向いています。
>Amazonプライム・ビデオの詳細はこちら

dTV(月額500円)は、500万人の国内最大の会員数で1番人気!安いわりに幅広いバラエティにとんだコンテンツで、コストパフォーマンスが高いです。他にあまりないカラオケがあり、オリジナル作品や舞台、ムービーコミックなどもあるのが面白い。ちなみに、ドコモ会員以外の方でも加入できます。
>dTVの詳細はこちら

Hulu(月額933円)は、150万人の高い会員数。全ての作品が見放題で楽しめます!定番の映画・ドラマ・アニメのジャンルを中心としていて、特に海外ドラマが強いです。「dTV」よりコンテンツの満足度は高めで、わずわらしいレンタルがないのが魅力。無料のお試し期間が、通常は1ヶ月のところ2週間。その短さに自信があらわれています。
>Huluの詳細はこちら

U-NEXT(月額1,999円)は、12万以上のコンテンツ数。定番のジャンルの作品数は圧倒的に多く、見ごたえのあるジャンルがそろっており、質が高いです。また、毎月支給される1,200円分のポイントで「新作」が楽しめ、雑誌が70誌以上が見放題。さらに、同時視聴ができ、家族と一緒に楽しむのにオススメ。
>U-NEXTの詳細はこちら

サービスがいろいろあって分からないなら、初めての動画配信にオススメなのが「dTV」。少しお金を出して充実した作品をみたい、またレンタルとか面倒なことを考えたくない人は全て見放題の「Hulu」。贅沢に動画を楽しみたい、家族で楽しみたい方は「U-NEXT」。そして、Amazonをよく利用していて、とりあえず動画配信を試してみたいライトユーザーなら「Amazonプライム・ビデオ」といった感じです。

公式サイトAmazonプライム・ビデオ」「dTV」「Hulu」「U-NEXT

映画をよくみる人

映画

映画ファンなら「U-NEXT」、気軽に映画を楽しみたい方は「Hulu」「Amazonプライム・ビデオ」がオススメです。

U-NEXT(月額1,999円)は、映画をみるのに1番!どのサービスでも新作映画はレンタルですが、こちらでは毎月支給されるポイントで、いくつかの新作が見れます。また、映画の作品数が圧倒的に多いのでコンテンツが充実。ガッツリな映画ファンならこちらです。
>U-NEXTの詳細はこちら

Hulu(月額933円)は、U-NEXTに比べて作品数はおとり新作はほとんど無いですが、それでも十分な作品数がそろっていて満足できます。また全て見放題なので、レンタルを気にせずみれるのがポイントです。
>Huluの詳細はこちら

Amazonプライム・ビデオ(年会費3,900円)も意外にもオススメ。洋画と邦画共にそこそこの配信数があります。プライム以外のAmazonビデオのレンタルも利用するなら、けっこうな数に。また、100円レンタルのセールがあったりと。
>Amazonプライム・ビデオの詳細はこちら

公式サイトU-NEXT」「Hulu」「Amazonプライム・ビデオ

国内ドラマをよくみる人

国内ドラマ

国内ドラマをよくみる人は「FODプレミアム」「Paravi」「Hulu」がオススメです。

FODプレミアム(月額888円)は、フジテレビ系のコンテンツが豊富で、5,000本以上の独占タイトルがあります。最新ドラマから懐かしのドラマがみれ、さらにオリジナル番組も。そして、見逃したドラマやバラエティは放送後1週間の視聴が可能です。フジテレビ番組が好きな方にはオススメ。

Paravi(月額925円)は、TBS・テレビ東京系のドラマやバラエティ番組が中心のサービス。過去のドラマのアーカイブは圧倒的な数です。放送中の見逃し配信にも対応しており、独占のオリジナル番組も。TBS・テレビ東京の番組が好きな方にはオススメ。
>Paraviの詳細はこちら

Hulu(月額933円)は、日テレ系列ですので、日テレのドラマ・バラエティが豊富です。また、日テレのドラマのスピンオフドラマといったオリジナル作品がココだけで見れます。
>Huluの詳細はこちら

公式サイトFODプレミアム」「Paravi」「Hulu

海外ドラマをよくみる人

海外ドラマ

海外ドラマをよくみる人は、「Hulu」「Netflix」がオススメです。

Hulu(月額933円)は海外ドラマが強く、コンテンツが充実しています。独占配信や日本初先行配信、そして大ヒットしたHuluオリジナルのドラマや、FOXチャンネルのリアルタイム配信などで、とことん海外ドラマが楽しめます。
>Huluの詳細はこちら

Netflix(月額650円~)はオリジナル海外ドラマが多く、とてもクオリティが高いです。オマケ程度につくられたオリジナル作品ではなく、通常のドラマとして放送していてもおかしくないレベル。他では見られないコンテンツなので、一般的な海外ドラマとは違った作品を開拓したい方にオススメ。ちなみに、オリジナル作品のラインナップだけはサイトでチェックできます。

他のサービスが劣るというわけではないですが、こちらの2点は海外からの動画配信サービスということもあり、特にオリジナル性が高いです。

公式サイトHulu」「Netflix

韓流・華流ドラマをよくみる人

韓流・華流

韓流・華流ドラマをよく見る人は「U-NEXT」「dTV」がオススメ。

U-NEXT(月額1,999円)は、作品数が多めです。レンタルもありますが、多くは見放題。U-NEXTだけの独占配信ドラマがありますし、特集に力が入っていて韓流・華流ジャンルにも力が入ってます。
>U-NEXTの詳細はこちら

dTV(月額500円)も、ついで作品数が多め。ほとんどが見放題となっています。スター出演作や、ドロドロといったサブジャンル分けがされていたり。
>dTVの詳細はこちら

韓流・華流は、動画配信サービスによっては作品数がそれほどなく、あまり力をいれてなかったりするところもあるので、各社サービスによって違いがあります。

公式サイトU-NEXT」「dTV

アニメをよくみる人

アニメ

アニメをよくみる人は、「dアニメストア」「Hulu」「U-NEXT」がオススメです。

dアニメストア(月額400円)は、アニメ専門の動画配信サービス。
最新作から懐かしの作品、名作などを圧倒的な数の作品がそろっています。新作アニメ映画などはレンタルですが、ほとんどは見放題。また、アニメに関連した2.5次元舞台やアニソン、アニソンライブなどのコンテンツもあり、よりアニメを深く楽しめます。さらに、「OPを飛ばす」「連続再生」などのアニメに特化した機能があり。
ちなみに、同じ系列の「dTV」にもアニメのジャンルはありますが、作品数や充実度はぜんぜん違います。アニメを中心に見たいならdTVより絶対にdアニメストアです。
>dアニメストアの詳細はこちら

Hulu(月額933円)は、dアニメストアの作品数には全然かないませんが、アニメ専門のバンダイチャンネルと提携していますので、それなりにアニメ作品がそろっています。また、放送中の作品もけっこうな数があり。さらに、子供向けアニメや海外アニメも。もちろん、これらの作品がレンタル無しの全て見放題。
>Huluの詳細はこちら

U-NEXT(月額1,999円)は、アニメ専門のdアニメストアに匹敵するほどの配信数があり、毎月支給されるポイントで新作アニメ映画などが見れるのが嬉しいところ。もちろん、放送中の作品もたくさんあり、贅沢にアニメを楽しめます。しかし、旧作でもレンタルとなっている作品があるのが少し不満。
>U-NEXTの詳細はこちら

安いお手頃価格で、アニメの世界にどっぶり浸かりたい!という方は「dアニメストア」。
他のいろんなジャンルが見れて、アニメもそれなりに見たいなら「Hulu」。
新作も見れて、贅沢にアニメを楽しみたいなら「U-NEXT」。

公式サイトdアニメストア」「Hulu」「U-NEXT

スポーツをよくみる人

スポーツ

スポーツをよくみる人は「DAZN for docomo」「SportsNaviLive」がオススメです。

DAZN for docomo(月額1,750円)は、ドコモ系列のスポーツ専門の動画配信サービス。
サッカー、プロ野球、バレーボール、フットボール、ラグビー、テニス、F1、格闘技、競馬などの国内や海外のいろんなスポーツが配信されています。特に欧州5サッカー大リーグや、Jリーグ番組の有料放送放映権を獲得しているので、サッカーファンなら必ず入っておきたいサービス。また、ライブ中継後には見逃し配信もあり。ちなみに、ドコモ会員なら料金が月額980円と安くなるので、お得。

SportsNaviLIVE(月額1,480円)は、ソフトバンク系列のスポーツ専門動画配信サービス。
プロ野球(10球団)、メジャーリーグ(MLB)、男子プロテニス、海外サッカー(プレミアリーグ、ラ・リーガ サンタンデール)、バスケ(B.LEAGUE)などの人気スポーツの生中継が見放題でき、ライブ配信後1週間の見逃し配信が可能。ソフトバンクユーザーやYahoo!プレミアムの方(また条件付きでワイモバイルユーザーの方)は割引価格となり月額980円になります。
※こちらのスポナビライブは、2018年5月31日にサービス終了。DAZNに引き継がれます

単純に「Jリーグ」が好きな方はDAZN、「プロ野球」が好きな方はSportsNaviLIVEがオススメ。

公式サイトDAZN for docomo」「SportsnaviLIVE

動画配信サービスの比較

動画配信サービスの基本的な項目の一覧となります。

動画配信サービス 月額料金 視聴形式 作品数 ダウンロード
Amazonプライムビデオ Amazonプライム年会費3,900円 ※1 全て見放題 3万以上
dTV 500円 見放題+レンタル 12万以上
dTVチャンネル 1,280円(ドコモ会員なら780円)※3 見放題 31チャンネル ×
dアニメストア 400円 見放題+レンタル 約2200
Hulu 933円 全て見放題 4万以上 ×
U-NEXT 1,990円(毎月1,200ポイント付与) 見放題+レンタル+購入 12万以上
Netflix 650円(SD)/ 950円(HD)/ 1,450円(4K) 全て見放題 非公開
フジテレビオンデマンド(FOD) FODプレミアム888円(毎月100ポイント付与) 見放題+レンタル 2万以上(見放題) ×
Paravi 925円(毎月300円分チケット付与) 見放題+レンタル 非公開 ×
DAZN for docomo 1,750円(ドコモ会員なら980円) 全て見放題 130以上 ×
SportsNaviLive 1,480円(ソフトバンクユーザー・Yahoo!プレミアム会員なら980円)※2 全て見放題 非公開 ×

※2017年10月現在の公式の情報となります
※「コンテンツ数」は、カラオケやドキュメンタリー作品が多かったりするところもあるので、大まかな目安ていどに考えた方が良いです。見たいジャンルの多さが重要
※「ダウンロード」は、スマホやパソコンにデータをダウンロードして視聴できます。しかし、スマホ限定だったり、作品によってダウンロードできない場合もあり

※1「Amazonプライムビデオ」は、Amazonビデオ内の「プレミア会員特典」と表記されている動画は全て見放題ですが、それ以外はレンタル・購入しなければ視聴できません
※2「SportsNaviLive」は、ワイモバイルユーザーも条件付きで割引価格で加入することができます
※3「dTVチャンネル」は、dTVやDAZNと同時加入するとセット割でさらに安くなります

テレビで見る

録画している方なら、テレビでみたいと思います。

動画配信サービス(VOD)は、PCやスマホならネット接続で簡単にみれますが、テレビで見るには「スマートテレビ」「ブルーレイレコーダー」「ゲーム機」「メディアストリーミング端末(STB)」のどれかが必要となります。

スマートテレビは、インターネットに接続できるテレビで、そのまま動画配信サービスを利用できます。ブルーレイレコーダーやゲーム機も、ネット接続できる製品ですと利用できたりします。
そして、メディアストリーミング端末(別名STB:セットトップボックス)は、ネット接続できない普通のテレビに端末をつけることで、動画配信サービスを利用できるものです。

しかし、製品によって利用できない動画配信サービスもありますので、今ご自身がお持ちになられている製品で利用できるかチェックして下さい(説明書や製品公式サイト、ネット接続時の画面で確認を)。
そして、利用できない場合は、選んだサービスに対応したメディアストリーミング端末を購入する必要があります。

「メディアストリーミング端末」について、さらに詳しく解説します。

メディアストリーミング端末は大きく3つのメーカーがあります。
Amazon(Fire TV)」「Google(Chromecast)」「Apple(Apple TV)」です。
他にも動画配信サービス各社が、独自で販売している端末もありますが、上記のものが人気です。

さらに、AmazonのFire TVの中でも、「Fire TV Stick」「Fire TV(4K・UDR対応)」の複数の商品があります。
性能が下位のものと、上位のものです。
上位のものは、主に「4k画質」に対応していて、無線LAN以外にも「有線LAN」でネット接続できたりします。

ちなみに、Googleの「Chromecast」は他の端末と少し違い、スマホ(またPC)から無線で映像を転送して、テレビに映して動画を見る形式になります(ミラーリングといいます)。なので、テレビで見るには常にスマホやPCを起動してないといけないので、少し面倒です。

普通にテレビでみる分には、「Fire TV Stick」をオススメします。

ほとんどの動画配信サービスに対応しており、価格もお手頃です。
上位の「Fire TV(4K・UDR対応)」は4K動画を見れますが、テレビも4kに対応していないといけないですし、動画配信サービスの画質も4Kの作品がまだあまりないので、下位のFire TV Stickで十分です。

端末が、選んだ動画配信サービスに対応しているかは、以下の記事を参考にどうぞ。

(関連記事)動画配信サービスに対応しているFire TV、Chromecast、Apple TVの一覧情報

無料登録で試す

どの動画配信サービスも、約1ヶ月(または2週間)の無料でみれる「お試し期間」がありますので、まずは実際に試してみてください。

動画のラインナップは、公式サイトで確認できるところもありますので、まずは公式でチェックするのもオススメです。また、何も登録してない人でも「1話だけ」特別にみれるところもあるので、動画の動作チェックしてもよいですね。

動画配信サービス 無料期間
Amazonプライム・ビデオ 1カ月
dTV 1カ月
dTVチャンネル 1カ月 ※1
dアニメストア 1カ月
Hulu 2週間
U-NEXT 1カ月
Netflix 1カ月
FODプレミアム 1カ月 ※2
Paravi 登録月
DAZN for docomo 1カ月
SportsnaviLIVE 1カ月

※1 dTVチャンネルは、基本「7日間無料」だが現在は31日間無料キャンペーン中
※2 FODは、基本に無料期間はないが「Yahoo! Japan ID」で登録すると31日間無料キャンペーン中

ちなみに、ほとんどの所では無料の登録の際に「クレジットカード情報」が必要です。
無料期間が終わる前に「解約」することで料金は発生しませんが、無料期間をすぎると自動的に加入となります。最近は、このような形式が多く、少し抵抗のある方もいらっしゃるかと思いますが、解約は簡単におこなえますので問題はありません(携帯のように面倒ではないです)。

心配な方は、各サービスの解約ページへのリンク一覧をまとめましたので、解約時の参考にどうぞ。

(関連記事)無料登録からの解約|動画配信サービスの「解約」ページ一覧情報

それでは、動画配信サービスのご紹介でした。

※本ページの情報は2017年10月時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください