ドコモテレビターミナルは、2018年1月30日に発売したドコモ独自のメディアストリーミング端末(STB)。

ドコモの独自端末「dTVターミナル」の後継機となり、ドコモ系列の動画配信サービスなどをテレビで視聴することができます。

こちらのページでは、ドコモテレビターミナルの特徴や機能、スペック情報を紹介します。

ドコモテレビターミナルの特徴

POINT

  • 「4K画質」に対応
  • ドコモ系のdTV、dTVアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomoが利用可能
  • Android TV搭載により、YouTubeなどのアプリが使用できる
  • 「録画機能」があり
  • 「Google Cast機能」があり、スマホの画面をテレビで見れる
  • 音声検索可能で、テレビも操作できる多機能リモコン
  • 家族それぞれの「マルチアカウント」対応
  • 有線と無線LANが使用可能

ドコモテレビターミナルは、「4K HDR対応」ですので高画質な4Kを視聴することが可能です。
また、「DOLBY VISOIN」「DOLBY AUDIO」に対応しており、高品質な映像と音を楽しむことができます。

ドコモ系の動画配信サービスの専門端末といえるものなので、もちろん「dTV、dTVアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomo、ひかりTV for docomo」を利用できます。
そして、Android TV搭載なのでYouTubeが見れたり、Google Playからお好みのアプリをダウンロードすることができます。また、お買い上げ時には、「Google Playストア」「Google Play Music」「Google Playゲーム」「Google Playムービー&TV」のアプリがそろってます。

STBに珍しい機能として「録画機能」がある。
外付けのHDDを接続することで、同時2番組を録画することができます。
専用アプリ(2018年4月提供予定)を使うことで、家の別室や外出先から、スマートフォン等でドコモテレビターミナルを操作して録画予約をしたり、外出先で映像コンテンツを視聴することが可能となります。
録画は「ひかりTV for docomo」の専門チャンネル、地上・BSデジタル放送が対象(ただし、一部録画できない番組があり)。

Google Cast機能があるので、スマホやタブレット(Android)の映像をテレビに映すことも可能。
こちらの機能を使うには、スマホやタブレットがGoogle Cast機能に対応している必要があります。

リモコンは、テレビも操作できるので便利に使えます。
また、専用のボタンがあり、ひかりTV for docomoを表示する「専門chキー」、Google検索画面を表示する「Googleキー」、ドコモ、各アプリからのお知らせを表示する「お知らせキー」、録画に関する「録画リストキー」などがあります。
さらに、内蔵マイクが搭載されており、「音声検索」も可能です。

マルチアカウント対応。
家族のそれぞれがアカウントを登録でき、アカウントごとにドコモ契約のアプリを視聴できます。

有線LANと無線LANが使用可能できます。
また、Bluetooth機能もあり。そして、前面にUSB端子(USB2.0)にはマウスやキーボードをつけて使用でき、後面にUSB端子(USB3.0)にはハードディスクなどを使用できます。

ドコモテレビターミナルのスペック情報

型番 TT01
発売日 2018年1月30日
価格 16,848円
4K対応 4K・HDR対応
リモコン あり
カラー ホワイト
本体サイズ 横107mm×縦107mm×厚み25.5mm
重量 209g
OS Android TV 7.0
プロセッサ Quad Core 1.6GHz
メモリ 3GB
ストレージ 16GB
Wi-Fi 802.11ac/a/b/g/n、MIMO
イーサネット(有線LAN) 1000Base-TX(ギガイーサネット)
Bluetooth Bluetooth 4.2
インターフェース HDMI2.0、1000Base-TX、USB2.0、USB3.0
最大出力 2160p(4K画質)
オーディオ Dolby Audio
必要なもの HDMI端子対応テレビ(また4Kを視聴するなら4K対応テレビ)、Wi-Fiネットワークまたはイーサネット、電源用コンセント
同梱内容 ドコモターミナル本体、ドコモテレビターミナル専用リモコン、ACアダプタ、クイックスタートガイド、HDMIケーブル、LANケーブル、リモコン用電池

対応している動画配信サービス

基本的に対応している動画配信サービスはドコモ系の「dTV、dTVアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomo」となっております。

しかし、Android TVなので、他のVODサービスもGoogle Playから利用できる場合もあります。または、順次対応する可能性もありますね。

ドコモテレビターミナルのデメリット

ドコモテレビターミナルには悪い点もあります。

POINT

  • 値段が高い

販売開始時の価格は16,848円なので、STB端末の中では高めな方です。
気軽に楽しみたい方には手をだしにくい。しかし、それに見合った性能の高さや機能があるので、値段相応といえると思います。

こんな人にオススメ!

ドコモテレビターミナルがオススメな人は、こちらになります。

POINT

  • ドコモ系の動画配信サービスを利用している人
  • 4Kの高画質作品がみたい人
  • 録画機能がほしい人

ドコモ系の動画配信サービスの「dTV、dアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomo」を利用している方におすすめしたいです。
ドコモ専用端末なので、これらのサービスを利用するには性能や操作面で使いやすい端末だと思います。
特に「ひかりTV for docomo」を利用する方には、専用端末となります。
また、他の端末ですと、「レンタル」コンテンツをテレビ画面上でレンタルすることができなかったりするので、専用端末はその点で有効です。

また、「4K」の動画にも対応しているので、4Kの高画質で視聴したい方にもオススメ。
動画配信サービスによっては、まだ4Kに対応してませんが、「dTV」では4Kに対応した作品もあります。
※4Kを見るにはテレビが対応している必要あり

そして、「録画機能」があるのが嬉しいところ。
2番組同時録画でき、外出先からも録画したものの視聴や操作ができます。他のデバイスにはないので、大きなウリ。
ただ、録画は「ひかりTV for docomo」の専門チャンネル、地上・BSデジタル放送が対象とありますので、「dTV」などの個別の動画配信サービスでは録画はできないと思います。

ドコモテレビターミナルは、どこで購入できるのか?

ドコモテレビターミナルは、ドコモ公式ページで購入できます。

また一部、家電量販店の店舗でも販売されています。

ドコモ系列の動画配信サービスに加入している方は、高性能の専用STBをつかって動画を楽しんでみてはどうでしょうか。

それでは、ドコモテレビターミナルの特徴、機能・スペック情報でした。