dTVチャンネルの無料お試し体験レビュー・評価!また、契約やアプリの使い方

新しい映像配信サービスの「dTVチャンネル」が、2018年1月30日に開始!

そこで、さっそく「31日間のお試し期間」を体験した感想や評価を紹介します。

dTVチャンネルとは

dTVチャンネルは、30チャンネル以上のチャンネルがみれるドコモ系列の動画配信サービス。

CSなどで放送している専門チャンネルのオリジナル編成されたチャンネルがみれます。
映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、音楽、エンタメ、趣味・実用、ニュースなど多くのジャンルがそろってます。

視聴形式は、通常の動画配信サービスのようにストックされている動画を好きな時間に好きなだけみるのではなく、決まった配信時間で視聴するという「リアルタイム配信」。しかし、一部「見逃し配信」もあります。

テレビの番組を増やす感覚で利用するのに向いているサービスです。

会員登録をしてみる

現在、私は動画配信サービス「dTV」に加入しているので、すでに「dアカウント」はあります。

なので、同じドコモ系列の動画配信サービスなので、新たにアカウントを作る必要がなく、簡単に登録できるはず。

公式サイト:dTVチャンネル

さっそく、検索からdTVチャンネルを探したら「dTV」のdTVチャンネル紹介ページへいってしまい、気づかずそこから登録することに。
まあ、dTVからでも問題はないのだけど。

登録は、「セットで会員登録する」「dTV会員登録」「dTVチャンネル会員登録」と3つのボタンがあったのだけど、どれにすればいいのか迷った。

すでにdTVに加入しているので、「dTVチャンネル会員登録」か?「セットで会員登録する」か?
とりあえず1ヶ月試すだけだけど、もし加入となった場合に一応、お得なセット料金で登録したかったので、ただ「dTVチャンネル会員登録」だとセット料金になるか疑問だった。

少し悩んだところ、「セットで会員登録する」でいけるんじゃないかと、楽観的にこちらで進んでみる。

  • ログイン画面
    dアカウントでログインする
    (dアカウントがない方は、dアカウントを作成する必要があり。ドコモを利用してない人は、「アカウントID(E-mail)」「登録するパスワード」「性別」「生年月日」「クレジットカード情報」を記入するだけでアカウントが作成できます)
  • 入力画面
    dTVとdTVチャンネルの各料金、無料期間がいつまでか、セット割引金額、合計金額などが表示され、支払い方法の選択する画面へ。
    支払いは、既にクレジットカードを登録しているので、何もすることはないです。
    2重にdTVが契約されないかな…と少し心配だったけど、「下記サービスは、既にご契約中です。・dTV」という表示され、どうやら2重契約にはならないようだ。
  • 確認画面
    最終的に内容を確認する
  • 終了画面
    受付日時、受付番号が表示され、手続きは終了

このように登録の申し込みは簡単でした。

別に、余計なことを考えず「dTVチャンネル会員登録」で登録してもよかったな。また、本家のdTVチャンネルサイトから登録しても問題なかったか。

(追記)

後日、調べたところ、dTVに既に加入している人は、dTVチャンネルに加入すると自動でセット割引になるようです。わざわざセットで申し込みしなくてもよかった。

一応、dTVチャンネルの登録方法をまとめましたので、登録する人は以下の記事を参考にどうぞ。

あと、わかりにくいセット割引についてまとめましたので、セット割引について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にどうぞ。

スマホにアプリをダウンロード

dTVチャンネルは、PCでは見れないので、スマホで視聴となります。
後は、「ドコモテレビターミナル」や「Google Chromecast」を使うとテレビで見れるが、こちらは無いのでスルー。

Androidのスマホをとりだし、一応dTVチャンネルの本家サイトへアクセス。
内容を確認して、そこから「Google Play Store」を押し、「dTVチャンネル」アプリをインストールする(容量は、4.93M)。

無事インストール完了。

スマホの「dTVチャンネル」アプリの使い方

そして、アプリを開き、ログインして視聴開始してみる。

…これどうやって操作するんだ?使い方がサッパリわからない。

詳しい使い方などものっていないので、なんともわからない。
しかし、いろいろいじってみてやっと分かりました。

メニューのアイコンボタンは、画面の一番下にずらり表示されていますが、左から「ホーム」「番組表」「マイリスト」「番組をさがす」「アカウント・設定」。

  • ホーム」トップページを表示します
  • 番組表」から、視聴するチャンネルを選択できます
  • マイリスト」は、クリップした番組を確認できます
  • 番組をさがす」では、検索、ランキングやおすすめ、ジャンル別から番組をさがせます
  • アカウント・設定」では、お知らせや設定、アカウント、FAQ、ログアウトなど

そして、トップページからもいろいろ操作できます。

トップの画面を開くと、一番上に「放送中の番組映像(適当なチャンネル)」が放送されます。
で、以下は「一番みられている番組」、「おすすめ番組」がずらり。

一番上の放送版のチャンネルを左右へフリックすると、チャンネルが変わります。
さらに、画面をロングタップ(長押し)すると、チャンネルのアイコンがずらりと並び、チャンネルをアイコンから選択できます。

そして、放送中の番組映像をタップすると、インターフェースのメニューが表示。
全画面表示」「画質調整」「音声」「クリップ」など。
画質は、「自動/フルHD/HD/すごくきれい/きれい/低画質」ありますね。
音声は、海外の番組ですと吹き替えや英語に切り替えることができたりします。
クリップは、お気に入りの番組を登録できます。

一番上の放送中の番組映像の下に表示されている帯。
チャンネルアイコンやタイトル、放送時間がかかれているところ。こちらの「i」ボタンをタップすると、番組の詳細画面へ移動できます。番組の詳しい情報を確認できます。
放送時間、あらすじ、キャスト・スタッフ、おすすめコンテンツなどの情報が。
また、「チャンネル」タブをクリックすると、今後の時間帯の番組リストが見れます。

スマホで番組を視聴した感想

で、アニメ好きなので、「dアニプレックス」を見てみました。

「Bugってハニー」が放送されていました(笑)一挙公開か。高橋名人を助けるためにゲームの世界に入るって、異世界モノの走りだったのかな…

ちらりと番組表を確認してみましたけど、BSで放送されている「BSアニマックス」とはやはり違うよう。dTVチャンネルのオリジナル編成のアニマックスのよう。

画質は、十分キレイでしたね。映像も変に止まったりとか、乱れたりといったこともないですし。スムーズに動いています。音声も特に気になったりもしないですし。問題ありません。

映画ザンマイ」の番組表を見てたら、「ファンタスティック・プラネット」「ユーリー・ノルシュテイン作品集」が公開されてました。
初日から、こんなマニアックな映画(笑)個人的にはすごく好きなテイストの作品なので、こんな作品も放送されているのは少し嬉しかったです。
さすが、カルトクラシックから傑作・名作までの映画ザンマイです。

また、こちらのチャンネルは、同じ映画が時間帯を変えてまた放送されたりするみたいです。
見逃しても、またの機会に見れたりするのは良いですね。

まだ、他のジャンルも全然しっかり見れてないですが、あなどれないサービスです。

※本作品の配信情報は2018年1月30日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については「dTVチャンネル」のアプリをご確認ください

見逃し配信はあるのか?

公開前の情報では「一部、見逃し配信あり」とありましたが、見逃し配信はあるのか?

リアルタイム配信となると、その時間にあわせて視聴しなければいけなのが、少し不便です。
そこで、見逃し配信があると好きな時間でみれるので、見やすくなります。

しかし、見逃し配信はトップページや番組表には、特に見逃し配信に関する表記はなし。
どこから見れるかよくわからない…

そして探していたら、下のメニューアイコンの「番組をさがす」の各リストで見逃し配信の表記のある番組をみつけることができました(わかりづらい…)。
単純に「ジャンル」から項目を選ぶと、ズラ~と番組リストが表示されますが、そのタブメニューに「見逃し(★)」があります(★は、番組数)。
そこから、見逃し配信に対応している番組がみれます。

見逃し配信のあるジャンルは、スポーツ、情報・ワイドショー、国内ドラマ、韓流・華流ドラマ、音楽、バラエティ、国内映画、アニメ、ドキュメンタリー・教養、劇場・公演、趣味・教養の、ほとんどのジャンルで見逃し配信のある番組を確認できました(もちろんジャンル内の全部の番組ではないですが)。
しかし、さすがに洋画や海外ドラマは無さそう(今後はわかりませんが)。

このように、それなりに見逃し配信もあるので、リアルタイムだけでなく後でゆっくり見ることもできそうですね。

PCでも見れる?

ちなみに、PCは対応していないと思っていたのですが、なんか見れるな…

スマートフォンやタブレットはもちろん、テレビでも楽しめます。」の見出しの下に書かれた以下のスッゴイ小さい文。
「スマートフォン・タブレット(Android、iPhone、iPad)・TV(ドコモテレビターミナル)対応
dTVチャンネルをご契約中のお客様はこちらから視聴可能です。(dアカウントが必要です。)」
その「こちら」のリンクをクリックすると、なんか開きました。

スマホ版より、すごい簡易的な画面ですが、各チャンネルの放送中の番組が見れます。

事前の情報では、PCは対応してない感じの情報でしたが、一応見れるのかな?まだ、簡易的なので、今後しっかりと整えるのかな?
まあ、でもPCでも見れるのは嬉しいですね。

※後日、簡易版から正式版に機能がアップデートとなりました。PCでも普通に視聴できますよ

まとめ

簡単に試した印象ですが、面白そうな映像サービスです。

しかし、見逃し配信がどれなのかとか、番組表が少し読み込みが重いうえ探しづらいとか、PC版が簡易的とか気になるところもあります。まあ、このへんは今後いろいろと改善されていくのかな。

個人的には、国内アニメ、海外アニメ、映画、海外ドラマ、アイドル、ドキュメンタリーのチャンネルが楽しめそうです。もっと、いろいろ試してみたいと思います。

無料お試しをしてみたい方は、以下の公式サイトからどうぞ。

公式サイト:dTVチャンネル

それでは、dTVチャンネルの無料お試し体験レビュー・評価!また、契約やアプリの使い方でした。

ドコモ以外の人は、dTVチャンネルの料金が500円値下げキャンペーン
(2018年8月1日~2019年3月31日まで)

ドコモ回線を利用していない人は、ドコモを利用している人に比べ高くなっていますが、現在ドコモを利用していない人を対象に、dTVチャンネルの料金を500円割引キャンペーンをおこなっております。

500円安くなるので、以下の料金になります。

  • 「dTVチャンネル」のみ
    月額1,280円 → 月額780円
  • 「dTVチャンネル」+「dTV」セット
    月額1,480円 → 月額980円
  • 「dTVチャンネル」+「dTV」+「DAZN for docomo」セット
    月額3,030円 → 月額2,530円

DAZNのセットをのぞいては、ドコモ利用者と同じ料金になりますので、dTVチャンネルとdTVのセットがだいぶ加入しやすいものになりました。

もちろん、期間をすぎると通常価格になるので、ご注意ください。

(関連記事)