バスケットボールのネット中継におすすめの動画配信サービス比較まとめ(NBA・Bリーグ)

スマホやPCで「NBA」や国内バスケットボール「Bリーグ」などの、ライブ中継や見逃し配信をみたい人におすすめの動画配信サービス(VOD)を紹介します。

バスケット

バスケットボールの動画配信サービス(VOD)を選ぶポイント

まずは、おすすめの前にバスケットボールの試合をネット配信しているサービスを選ぶポイントを解説します。

1.全てを網羅したバスケットボールの動画配信サービスは無い!

2020年1月現在は、全てのバスケットボールの試合を網羅した動画配信サービスはありません。

なので見たいリーグ・試合によって動画配信サービスを選択する必要があります。

2.どのリーグのどの試合が配信されているか確認する!

バスケットボールに限らずスポーツの映像の権利関係はいろいろややこしいので、単純にリーグの全試合を配信しているかと思いきや、全試合の配信をしてないこともあります。

また、去年は全試合配信されていても、今年はそうでないということも。

なので、どのリーグのどの試合が配信されているかは、加入前に公式サイトでしっかり確認しておきましょう!

バスケットボールのネット中継におすすめの動画配信サービス比較

それでは、バスケットボールのネット中継(または見逃し配信)をしているおすすめの動画配信サービスを紹介します。

楽天TV「NBA Rakuten」

NBAを独占配信!NBAをみるならNBA Rakuten!

NBA Rakuten「申し込みページ」画面
サービス名 NBA Rakuten
加入条件 楽天会員
月額料金 BASIC 990円/TEAMS 1,430円/LEAGUE 2,640円
※年間まとめ払いもあり
配信動画 NBAのライブ中継・見逃し配信、その他
情報サービス 試合・チーム・選手情報
視聴デバイス スマホ、タブレット、PC、テレビ
無料体験 初月無料
※BASIC PASSの月額プランのみ

※2020年1月現在

NBA Rakutenは、楽天TVが提供している月額サービスの1つで、NBA専門の動画配信サービスとなってます。

加入するには楽天会員になる必要があり、そして楽天TVの利用登録(無料)をする必要があり。楽天市場を利用している人なら、簡単に加入はできます。

NBAを独占配信しており、現在のところネット配信でNBAの試合を見たい人は必然的にコチラのサービスとなります。

3つのプランがありますが「BASIC PASS」は注目の試合がみれ(平日1試合以上、休日2試合以上)、「TEAMS PASS」は1つのチームの全試合が見れ、「LEAGUE PASS」は制限なく全チームの試合がみれます。
目的の応援したい日本選手がいる場合は、TEAMS PASSがおすすめですね。

そして、試合だけでなくNBAの番組やハイライト、セレクション、NBA TV、クラシック、ドキュメンタリーといった動画も見れたり。

無料体験はBASIC PASSの月額プランのみあり「初月無料」となってますので、とりあえず試してみたい人はこちらのプランからどうぞ。

申し込みは以下からどうぞ。

NBA Rakuten

(関連記事)NBA Rakutenの登録方法視聴方法

バスケットLIVE

Bリーグのための動画配信!国内リーグを楽しむならバスケットLIVE!

バスケットLIVE

サービス名 バスケットLIVE
加入条件 ソフトバンクユーザー、またはYahooプレミアム会員
月額料金 ソフトバンクユーザー 無料/Yahooプレミアム会員 462円
配信動画 BリーグのB1・B2のライブ配信・見逃し配信、その他の大会など
情報サービス 試合・チーム・選手情報
視聴デバイス スマホ、タブレット、PC、テレビ
無料体験 なし

※2020年1月現在

バスケットLIVEは、ソフトバンクが提供しているサービスで国内バスケットリーグ「Bリーグ(B LEAGUE)」を中心としたバスケットボール専門の動画配信サービスです。

ソフトバンクまたはYモバイルのケータイを利用している人は、追加費用なしで無料で見ることができます(一部対象外のプランあり)。
そして、それ以外の人はYahooプレミアム会員になることで、特典の1つとして追加費用なしで視聴できます。

BリーグのB1・B2の全試合がみれ、ハイライトや特集、会見といった動画もみれます。さらにBリーグ以外の大会も配信。
記事を書いてる現在ですと、BリーグU15や日本代表、ジュニアリーグ、天皇杯・皇后杯、Wリーグ、ウインターカップ、インカレバスケ、EARLY CAPといった大会の動画を配信してます。

また、アプリではBリーグの試合やチーム、選手の情報などの便利機能も充実。

Bリーグを中心とした国内バスケを応援している人なら、バスケットLIVEはおすすめです。

無料体験はありませんが、ソフトバンクユーザーは無料で利用できるので気軽に利用できると思います。
※無料体験したい人は、次のバスケットLIVE for Prime Videoがおすすめ

申し込みは、以下からどうぞ。

バスケットLIVE

(関連記事)バスケットLIVEの視聴方法

バスケットLIVE for Prime Video

Amazonプライム会員なら、気軽に加入できるバスケットLIVE for Prime Video!

サービス名 バスケットLIVE for Prime Video
加入条件 Amazonプライム会員
月額料金 300円
配信動画 BリーグのB1のライブ中継・見逃し配信
情報サービス なし
視聴デバイス スマホ、タブレット、PC、テレビ
無料体験 7日間

※2020年1月現在

バスケットLIVE for Prime Videoは、Amazon Prime Videoチャンネルのチャンネルの1つで、Bリーグ専門のチャンネルです。

加入できるのはAmazonプライム会員の人のみで、通常のAmazon会員の人は加入できません。

先のソフトバンクが提供している「バスケットLIVE」と同じ名前をしてますが、サービス内容は違ったものになります。簡単にいうとソフトバンク版が本家で、Amazon版が分家。
ソフトバンク版はBリーグのB1・B2やその他の大会の試合を配信してますが、Amazon版はBリーグのB1の試合のみとなります。

なので、Amazonプライム会員でB1の試合が見れればいい!という人におすすめです。

無料体験は「7日間」ありますので、とりあえず試してみたい人は無料体験からどうぞ。

Amazonプライム会員でない人は、プライム会員には30日間の無料体験があるので、試そうと思えば試せますよ。プライム会員になるといろいろな特典があるのでお得ですよ(配送特典や動画見放題のプライムビデオ、音楽聴き放題のPrime Music、電子書籍の読み放題のPrime Readingなど)。

申し込みは、以下からどうぞ。

バスケットLIVE for Prime Video

(関連記事)バスケットLIVE for Prime Videoの登録方法

比較まとめ

簡単に表にまとめると、以下のようになります。

項目 NBA Rakuten バスケットLIVE バスケットLIVE for Prime Video
加入条件 楽天会員 ソフトバンクユーザー、Yahooプレミアム会員 Amazonプライム会員
月額料金 990円~ 無料または462円 300円
配信 NBA Bリーグ B1・B2、その他大会 Bリーグ B1
無料体験 初月無料(BASIC 月額のみ) なし 7日間
おすすめ NBAみたい人 Bリーグをとことん楽しみたい人 BリーグのB1の試合だけ見れればいい人

※2020年1月現在

NBAは楽天TVの独占配信なので選択肢はないですが、Bリーグの試合を見たい人はご自身の状況にあわせて選択していただければと思います。

それでは、バスケットボールのネット中継におすすめの動画配信サービス比較まとめ(NBA・Bリーグ)でした。

※本ページの情報は2020年1月28日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください