「dアニメストア for Prime Video」と「公式版 dアニメストア」の違いは?比較してみる

2018年7月3日、Amazon Prime Videoチャンネルに「dアニメストア for Prime Video」が追加となりました!

この「dアニメストア for Prime Video」と本家の公式版の「dアニメストア」とは何が違うのか?メリット・デメリットは?どっちがオススメなのか?違いを比較・検証してみました。

「dアニメストア for Prime Video」と「dアニメストア(公式版)」とは?

公式サイト:dアニメストア

dアニメストア」は、放送中や過去のTVアニメやアニメ映画を中心としているドコモ系列のアニメ専門動画配信サービス。また、アニソンや2次元舞台などアニメに関するコンテンツがそろっています。
アニメ好きなら満足感の高いVODです(管理人もはいってます)。

>dアニメストアの詳しいサービス内容はこちら

公式サイトから申し込むdアニメストアを、このページでは「公式版」とよびます。

そして、dアニメストアは公式サイトから以外で、いくつか提携しているサイトから申し込むことができます。
その提携しているサイトの1つが今回の「Amazon Prime Videoチャンネル」。

公式サイト:Amazon prime videoチャンネル

Amazon Prime Videoチャンネルはプライム会員のオプションサービスで、1チャンネルから月額料金を払って加入することができます。
プライム版のdアニメストアは、「dアニメストア for Prime Video」という名前でチャンネルの1つとして配信されています。

>Amazon Prime Videoチャンネルの詳しいサービス内容はこちら

このAmazonプライムのdアニメストアを、こちらのページでは「プライム版」とよびます。

「dアニメストア for Prime Video」と「dアニメストア(公式版)」の違いを比較する

結論を簡単にいいますと、プライム版の「dアニメストア for Prime Video」と公式版の「dアニメストア」は同じものではないです。

名前は同じですが、いくつかの点で違いがあります。
その違いについて、一つ一つみていきます。

1.アカウントの違い

項目 dアニメストア
(公式版)
dアニメストア
(プライム版)
アカウント dアカウント Amazon ID

公式版はドコモの「dアカウント」を利用していますが、プライム版は「Amazonアカウント」を利用します。

なので、公式版の支払いは「ドコモケータイ払い」か「クレジットカード払い」となります。
ちなみに、レンタルでは「dポイント」が使えます。

プライム版では、Amazonアカウントに登録している「クレジットカード払い」か「ケータイ決済(ドコモ、au)」での支払いとなります。

もちろん、支払いなどで貯まっていくポイントはそれぞれ違います。

2.料金と視聴形式の違い

項目 dアニメストア
(公式版)
dアニメストア
(プライム版)
料金

月額400円(税抜)

月額400円(税抜)
視聴形式 見放題+レンタル 全て見放題

料金はどちらも同じ、月額400円(税抜)。

ただしプライム版は、年額3,900円(または月額400円)のAmazonプライム会員でないとサービスを利用できません
現在、Amazon無料会員の人は、少しハードルが高め(まあ、プライム会員になると、プライムビデオが見れたり、いろいろ特典があってお得ではあるのですが)。

そして、公式版は「見放題とレンタル」で作品を視聴しますが、プライム版は「全て見放題」です。

とはいっても、公式版のレンタルのほとんどは「新作」アニメ映画なので、Amazonビデオに新作アニメ映画のレンタルがあることを考えると同じともいえますけど。

3.コンテンツの違い

項目 dアニメストア
(公式版)
dアニメストア
(プライム版)
配信数 2,500本以上 1,500本以上
ジャンル TVアニメ、アニメ映画、アニソン、2.5次元舞台、ラジオ他 TVアニメ、アニメ映画、アニソン、2.5次元舞台、ラジオ他

公式版の配信数は2,500本以上ですが、「dアニメストア for Prime Video」は1,500本以上のようです。

たしかにプライム版をザッと確認してみましたが、公式版より少ない印象をうけました。
それでも、他の定番VODのアニメジャンルと比べると圧倒的に多い配信数ですが。

ただ、1,500本以上はサービス開始当初に発表された数値なので、今後かわるかもしれません。

そして、大きなポイントとしては公式版で配信されている「アニメ映画」「アニソン(MV、ライブ)」「2.5次元舞台」「ラジオ他」がプライム版では配信されていない点。

「アニメ映画」は今後追加されるかわかりませんが、今のところはほぼ確認できませんでした。
また、アニメ好きにはたまらないアニソンがないのは残念。

※追記:2018年8月7日に確認したところ、「アニメ映画」「アニソン(MV、ライブ)」「2.5次元舞台」「ラジオ他(声優バラエティ番組)」の作品が追加されたようですね

ただ、プライム版はAmazonプライム・ビデオのアニメも見れ、レンタルもできるので、その点を考えると単純にコンテンツが劣るというわけでもないです。

プライムビデオにはアニメ映画もけっこう多いですし、dアニメストアで配信していないアニメもあったりするので、意外と合わせて考えると面白い。

あと最新の放送中アニメですが、どちらもけっこうな数が配信されています。
元々プライムビデオは放送中アニメがそれなりに配信されてましたから、それにプラスする形でプライム版は配信されていますね。どちらでも見逃し配信は不自由ないと思います。

このようにコンテンツには大きな違いがありますね。

4.対応デバイスと同時視聴の違い

項目 dアニメストア
(公式版)
dアニメストア
(プライム版)
対応デバイス パソコン、スマホ・タブレット、テレビ パソコン、スマホ・タブレット、テレビ
STB Fire TV、Apple TV、Chromecast、ドコモテレビターミナル、dTVターミナル Fire TV、Apple TV
同時視聴 なし あり

対応デバイスに関しては、どちらもそれほど差はないですね。

どちらもパソコンスマホ・タブレットには対応してますし、テレビで見るためのデバイスもそろってます。
Fire TVとApple TVで、お互い視聴できますし。
まあ、公式版の方がChromecastやドコモテレビターミナル、dTVターミナルの多くに対応してますが。

あとはお互いスマホ・タブレットのアプリもありますが、プライム版は「プライムビデオ」アプリで、公式版は「dアニメストア」アプリでの視聴となります。
ちなみに、プライム版は「dアニメストア」アプリでは視聴できません。

そして複数のデバイスで視聴できるという点もそんなに変わりないですが、大きなポイントとしては「dアニメストア for Prime Video」は同時視聴ができる!という点ですね。

公式版は複数デバイスによる同時視聴はできませんが、プライム版はバリバリ可能です。3台までの同時視聴は確認しました(4台目は不明)。
この機能はアニメ好きの家族がいるなら嬉しい機能です。

5.画質とダウンロード機能の違い

項目 dアニメストア
(公式版)
dアニメストア
(プライム版)
ダウンロード あり(数に制限なし) あり(15か25本まで)

画質は、スマホとPC、Fire TVでみる限りはそれほど違いはないように感じます。
通信状態が正常ならば、キレイな画質です。

そして、ダウンロード機能は、もちろんお互い可能。
スマホのアプリでダウンロードして、オフライン視聴できます。

お互い「4段階」の画質別にダウンロードできるのですが、1話のアニメですと画質別のデータ容量は以下になります。

dアニメストア
(公式版)
dアニメストア
(プライム版)
HD画質(約400MB) 最高画質(約460MB)
すごくキレイ(約300MB) 高画質(約330MB)
キレイ(約110MB) 標準画質(約270MB)
ふつう(70MB) データセーバー(約140MB)

表をみる限りでは、プライム版の方が高めに設定されてますね。
とはいっても、上記の表は参考値なので、必ずしもその容量となるわけではないですが。作品によっては、容量は変わってきます(古い作品だと容量少なかったり)。

ちなみに、「ダウンロード数の制限」ですが、プライム版は15本または25本となっています(どういう状況で15本と25本になるかはわかりませんが)。
そして、公式版は制限はなく、スマホの容量の空きがある限りダウンロードできます。

6.インターフェスや使い勝手

「dアニメストア for Prime Video」は、Amazonプライム・ビデオにそったインターフェスになります。
なので、Amazonプライム・ビデオに慣れている人は違和感なく使えます。

ただ、プライムビデオのインターフェスは簡易的な部分がありますので、作品を探す時や関連作品を探す時などに不便。また、「お気に入りリスト」もイマイチ。

インターフェスの使い勝手は、だんぜん公式版の方がいいですね。
また、お気に入りリストも名前をつけて分けられますし、お気に入りとは別に「気になる」でチェックできますし。
あとは、OPの部分をとばせる「OPスキップ」などのアニメを見るための機能がそなわっていたり、気になる声優さんのお知らせ機能もあったりします。

使い勝手に関しては、公式版のdアニメストアが勝利!

7.その他の違い

あとは、公式版では「特典・キャンペーン」があります。

ポイントがもえるイベントがあったり、作品に関するプレゼント応募キャンペーンや試写会のご招待、お店で使える割引など。

しかし、「dアニメストア for Prime Video」にはないので、残念なとこ。

比較まとめ(表)

今までの比較した内容を、表でまとめてみました。

項目 dアニメストア
(公式版)
dアニメストア
(プライム版)
アカウント dアカウント Amazonアカウント
料金 月額400円 月額400円
※要プライム会員
視聴形式 見放題+レンタル 全て見放題
配信数 2,500本以上 1,500本位所
ジャンル TVアニメ、アニメ映画、アニソン、2.5次元舞台、ラジオ他 TVアニメ、アニメ映画、アニソン、2.5次元舞台、ラジオ他
対応デバイス パソコン、スマホ・タブレット、テレビ パソコン、スマホ・タブレット、テレビ
スマホアプリ dアニメストア プライムビデオ
STB Fire TV、Apple TV、Chromecast、ドコモテレビターミナル、dTVターミナル Fire TV、Apple TV
同時視聴 なし あり
ダウンロード機能 あり(数に制限なし) あり(15か25本まで)
お気に入りリスト 名前をつけて分けれる 簡易的
OPスキップ あり なし
キャンペーン あり なし
無料お試し 31日間 30日間

どんな人に「dアニメストア for Prime Video」と「dアニメストア(公式版)」がおすすめか?

「dアニメストア(公式版)」がおすすめな人

比較から単純に考えると、公式版がおすすめ。
料金が同じと考えるとコンテンツ内容もそうですし、機能面でも公式版の方がメリットが大きいですから。特にこだわりがなく、アニメをとことん愛するなら本家の公式版ですね。
あと、もしドコモユーザーの人なら「dポイント」が貯まりやすいと思いますので、レンタルでお得に使えます。

「dアニメストア for Prime Video」がおすすめな人

ただ、プライム版はいくつかの点で劣るとはいえ、それでも配信数は圧倒的な数です。また、「プライムビデオ」のアニメも見れるので、その点はメリットですね。
そして、「同時視聴」できる点は、複数の人でみるなら大きなポイント!
あとは、アプリ1つでいろいろ見たい人には良いのかも。プライムビデオも他のチャンネルも、1つのアプリで済みますから。また、Amazonアカウントで気軽に加入できるのもいいですね。

こだわるポイントによって、どちらにもメリットはありますね。

無料お試し

無料お試しは公式版は「31日間無料」で、プライム版は「30日間」あります。

Amazonチャンネルは14日間がほとんどなので、その中でもdアニメストアは期間が長め(しかし、公式より1日短いけど)。なので、じっくりと試すことができます。

どちらに加入しようか迷っている方は、とりあえず無料お試しをおすすめします。
個人的には、まずはプライム版の方がいいかも。

「dアニメストア for Prime Video」の無料お試しは以下からどうぞ。

Amazon prime videoチャンネル

「dアニメストア(公式版)」の無料お試しは以下からどうぞ。

dアニメストア

それぞれ登録は簡単ですが(特にプライム版は超簡単)、心配な方は以下の記事も参考にして下さい。

それでは、「dアニメストア for Prime Video」と公式版「dアニメストア」の違いは?比較してみるでした。

※本ページの情報は2018年7月3日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。