Amazonプライム・ビデオにチャンネル配信が追加!月額198円から好きなチャンネルだけを見れる!

サービス名 Amazon prime videoチャンネル
料金 月額198円~
※チャンネルによって価格は変わります
※Amazonプライム会員のみ利用可能
コンテンツ数 40チャンネル
視聴形態 見放題
無料お試し期間 14日間(dアニメストアは30日間、TリーグTVは7日間)
ダウンロード機能 あり
対応デバイス テレビ(STB)、パソコン、スマホ・タブレット
※台数制限 不明、同時視聴 可

Amazon Prime Videoチャンネルとは

Amazon Prime Videoチャンネルは、アマゾンの動画配信サービスの1つ。

2018年6月14日から日本でサービスを開始しました。
40チャンネルがあり、映画、ドラマ、スポーツ、ニュース、趣味・実用、音楽、エンタメなどの幅広いジャンルがあります。

ちなみに、Amazonプライム会員(Amazonプライム、Prime Student)の人しか加入できないので、会員以外の人はみたくても視聴できません。
なので、位置づけとしてはAmazonプライム・ビデオのオプションサービスといえます。

公式サイト:Amazonプライム

(関連記事)Amazon「プライム会員」の登録方法。また、無料お試しの注意点とキャンセル方法

Amazon Prime Videoチャンネルの特徴

POINT

  • 料金は月額198円から
  • オンデマンドとリアルタイム配信での視聴
  • 40チャンネルの幅広いジャンル
  • 外出先ではテレビ感覚でスマホでみれ、Fire TVでも見れる。また、同時視聴も可
  • プライム・ビデオと同じくダウンロード機能あり

1.料金は月額198円から

Amazonチャンネルの料金は、月額198円~となっています。

チャンネル全てが定額でみれるのではなく、好きなチャンネルに個別に加入する仕組み。
なので、チャンネルによって料金は違い、月額500円くらいの価格帯のチャンネルが多いです。

安いか高いかといえば、人によりますね。どうしても見たい!という内容のチャンネルなら高くはないでしょうけど。加入が少し面倒なスカパーなどと比べると、気軽に入れていいのかな?

2.オンデマンドとリアルタイム配信での視聴

Amazonチャンネルは、基本的にいつでも好きなタイミングで見れる「オンデマンド配信」で動画をみれますが、チャンネルによっては配信時間がきまっている「リアルタイム配信(Amazonではライブ配信とよぶ)」もみれたりします。また、一部「見逃し配信」のチャンネルもあり。

「チャンネル」という名前がついているので、全てリアルタイム配信かと思いきやそういうわけではないようですね。

3.40チャンネルの幅広いジャンル

専門チャンネルは、40チャンネル(2019年11月15日時点)。

配信されるチャンネルはBS・CSで放送されているチャンネルもたくさんありますね。

ジャンルでいうと映画、ドラマ、スポーツ、ニュース、趣味・実用、音楽、エンタメ、ステージなど幅広いジャンルがそろっています。
もちろん、ジャンルにつき1チャンネルというわけでなく、1ジャンルに複数のチャンネルがあり。

開始当時は20チャンネルでしたが、じょじょに増えてます。

ちなみに、BS・CSなどで放送されているものと、まったく同じ内容で配信されているわけではないので、その点は注意。配信内容は、Amazonオリジナル編成となってます。

4.外出先ではテレビ感覚でスマホでみれ、Fire TVでも見れる。また、同時視聴も可

対応しているデバイスは、基本的にはAmazonプライム・ビデオが視聴できるものは対応しているようですね。

テレビBlu-rayプレーヤーAmazon Fire TVFire TV StickFireタブレットパソコンAndroid・iOSモバイル端末などで利用できます。

ちなみにAmazonプライム・ビデオのアプリを確認したところ、「チャンネル」というメニューが追加されており、プライムビデオと一緒にみれます。

リアルタイム配信のチャンネルなら、テレビ感覚で視聴することもできますね。

そして、プライム・ビデオと同じく同時視聴もできるので、家族それぞれが違うデバイスで楽しむことも。
管理人が確認したところ、リアルタイム配信の同じ動画も同時視聴できました。何台までできるかわかりませんが、「3台」は同時に視聴できました。

5.プライム・ビデオと同じくダウンロード機能あり

Amazonプライム・ビデオのアプリではチャンネルの動画を視聴できますが、もちろんダウンロード機能にも対応しています。外出先ではオフライン動画で通信量を減らせます。

しかし、ライブのリアルタイム配信の動画については、ダウンロード機能はもちろんありません。

Amazon Prime Videoチャンネルのチャンネル一覧

いろいろ

ジャンルごとに、各チャンネルの料金と番組内容を簡単に紹介します。

各チャンネルの「>公式サイト」をタップすると、チャンネルの元となったBS・CS放送などの公式サイトや、関連サイトへ移動します。
配信内容はAmazonオリジナル編成なので、公式サイトは参考ていどに。

※「ブンデス・ポルトガルLIVE」「ミュージック・エアSELECT」が新しく追加!

海外映画・
TV番組

スターチャンネルEX -DRAMA&CLASSICS-(月額990円)
最新のHBOの海外ドラマや、スターチャンネルおすすめの映画
>公式サイト

アジアドラマチャンネル(月額880円)
韓国・中国・台湾などの注目ドラマをあつめたチャンネル
>公式サイト

KBS ワールド プラス(月額795円)
韓流ドラマやニュース、K-POPや韓流スターの音楽バラエティなどの韓流代表チャンネル
>公式サイト

日本映画・
TV番組

+松竹 Plus Shochiku(月額330円)
松竹の人間ドラマあふれる名作の映画やドラマ
>公式サイト

シネマコレクション by KADOKAWA(月額396円)
大映・角川映画・KADOKAWAの3つの時代からの厳選300本以上
>公式サイト

マイ★ヒーロー(月額499円)
懐かしの50~90年代の石ノ森プロや東映などのヒーロー番組

時代劇専門チャンネルNET(月額550円)
『鬼平犯科帳』『暴れん坊将軍』などの時代劇専門
>公式サイト

JUNK FILM by TOEI(月額499円)
テレビでは見れない懐かしの昭和シネマなど、東映のお宝映像
>公式サイト

日本映画NET(月額550円)
日本映画を代表する映像作家たちの話題作など邦画専門チャンネル
>公式サイト

極道戦線(月額550円)
極道・任侠・アウトロー道を極めた侠たちのチャンネル
>公式サイト

VパラTVプラス(月額499円)
Vシネマ、バラエティ、グラビア、セクシーなど大人の観たい!があるチャンネル
>公式サイトレビュー

アニメ・キッズ

dアニメストア for Prime Video(月額440円)
放送中の作品や過去作のTVアニメがたくさんみれるアニメ専門チャンネル
>公式サイト比較

NHKこどもパーク(月額397円)
NHKの子供番組や子供向けアニメが見れるチャンネル
>公式サイト

キッズステーション・オンデマンド(月額217円)
こどもが楽しめるアニメやキッズ番組などのエンタメチャンネル
>公式サイト

ニコロデオン(月額440円)
海外の人気アニメなどグローバルなキッズ向けエンタメチャンネル
>公式サイト

スポーツ

J SPORTS(月額2,178円)
ラグビー、モータースポーツ、サイクルロードレース、サッカー、野球などの国内外のスポーツ専門チャンネル。4つのライブ配信があります!
>公式サイトレビュー

ブンデス・ポルトガルLIVE(月額999円)
ブンデスリーガの毎節全試合とポルトガル戦をライブ配信&見逃し配信。ハイライト映像もあり
>公式サイト

TリーグTV(月額198円)
卓球のTリーグ 2019年~2020年シーズンの公式戦の全試合をフルマッチライブ配信&見逃し配信。ハイライト映像もあり
>公式サイト

Gaora Bros.(月額550円)
北海道日本ハムファイターズ主催のプロ野球ファーム中継や格闘技、テニス、ヨガ、サーフィン、ランニングなどのスポーツチャンネル
>公式サイトレビュー

セントラルスポーツ・フィットネスチャンネル(月額440円)
スポーツクラブの運営・指導などしているセントラルスポーツの楽しいヨガやエクササイズのチャンネル
>公式サイト

yoga esse ヨガエス(月額550円)
いつでも手軽に本格的なエクササイズ。ストレス発散、マインドの向上も
>公式サイト

音楽

ミュージック・エアSELECT(月額298円)
洋楽トップアーティストの軌跡をめぐるストーリーとライブ
>公式サイト

MTV MIX(月額330円)
国内外の音楽やリアリティ番組、ドマラなどのエンタメ
>公式サイト

ダンスチャンネル オンデマンド(月額387円)
ストリート、フラ、社交、チア、エクササイズなどのダンス専門チャンネル
>公式サイト

ステージ

観劇三昧チャンネル(月額473円)
いろいろな劇団の舞台映像がみれる演劇専門チャンネル
>公式サイトレビュー

寄席チャンネル 落語・お笑いSELECT(月額550円)
伝統芸能の寄席落語から若手のニューウェーブのお笑いまで、笑いの専門チャンネル
>公式サイト

ニュース&
ドキュメンタリー

日経CNBC プラス(月額990円)
日本と世界の今と未来を映す経済チャンネル
>公式サイト

BBCワールドニュース(月額792円)
国際ニュースとドキュメンタリー
>公式サイト

CRIME+INVESTI GATION(月額220円)
犯罪の真実を追求する犯罪関連番組専門チャンネル
>公式サイト

ナショジオ ワイルド(月額785円)
野生動物・大自然のドキュメンタリー
>公式サイト

HISTORY(月額330円)
世界最大の歴史エンターテイメント
>公式サイト

趣味・実用

釣りビジョン セレクト(月額550円)
あらゆる釣りジャンルを網羅した釣り専門チャンネル
>公式サイト

鉄道チャンネル(月額880円)
鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル
>公式サイト

バラエティ

大阪チャンネル セレクト(月額407円)
大阪チャンネルから厳選されたオリジナルや劇場のお笑いライブ、NMB48番組、放送局のバラエティ番組など
>公式サイト

エンタメ〜テレ☆バラエティ オンデマンド(月額387円)
ホラー、麻雀・パチンコ、バラエティ・ドラマなど、やんちゃな大人の刺激的エンタメ
>公式サイト

MEN’S NECO+オンデマンド(月額459円)
アクション、ギャンブルなど男心をくすぐるチャンネル
>公式サイト

ファミ劇Neoプラス(月額550円)
独占番組をはじめ王道から変化球まで新感覚エンタメ
>公式サイト

京都ch(月額356円)
京都の観光グルメ情報から関西初エンタメ、昭和ドラマも
>公式サイト

その他

グラビア パラダイス(月額550円)
正統派グラビアからコスプレまで、グラビア専門チャンネル
>公式サイト/レビュー

Channel恐怖(月額550円)
心霊・ホラー・怪談など怖いを楽しむ恐怖専門チャンネル
>公式サイト

※2016年11月15日現在のラインナップ
※料金は、消費税10%の税込み価格です

開始当初の20チャンネルから、だいぶ増えました。地道に増えてるので、今後も増えかもしれないですね。

ちなみに、「スカパー!アニメセットfor Prime Video」「囲碁プラスα」「将棋プラスα」「CLUB TV」「パチ・スロ サイトセブンTV SELECT」「パチンコ★パチスロTV!セレクト」「Kawaiian TV」のチャンネルは配信を終了しました。

Amazon Prime Videoチャンネルのデメリット

Amazonチャンネルには、悪い点もあります。

POINT

  • Amazonプライム会員でないとみれない
  • 公式チャンネルと内容が違ったりする
  • リアルタイム配信の「番組表」が分かりづらい

一番のデメリットは、やはりAmazonプライム会員でないと見れない点ですね。
そのチャンネルだけ見たいという人には、ちょっと敷居が高いです。

そして、CS放送などで放送されている専門チャンネルと同じ内容かと思いきや、まったく同じというわけではないです。「Amazonオリジナル編成」となっているところがほとんど。
ただ同じでないだけならいいのですが、中には公式チャンネルからだいぶ配信内容がカットされているものも。

あとは、チャンネルによって「リアルタイム配信(ライブ配信)」があるのですが、番組表が分かりづらかったりします(当初は番組表すらなかったのでマシですが)。

他のVODサービスと比較

dTVチャンネルとAmazon prime videoチャンネルを比較してみると

チャンネルの映像配信サービスといえば、dTVチャンネル

dTVチャンネルは、約30チャンネルのリアルタイム配信(また、見逃し配信)で視聴できるドコモの動画配信サービスの1つです(ドコモ以外の人でも加入可能)。

こちらもCSやBSの有料放送などのチャンネルを、オリジナル編成で配信しています。

Amazonチャンネルは1チャンネルごとに加入する仕組みですが、dTVチャンネルは定額で全てのチャンネルが視聴できます。なので、単純に考えるとdTVチャンネルの方がけっこうお得ですね。

ちなみに、Amazonチャンネルのいくつかのチャンネルが、dTVチャンネルにもありますので、その点を考えてもだいぶお得。

しかし、見たいチャンネルがあるかどうかが問題ですし、Amazonチャンネルはプライム会員だと気軽に入れるので、一概にいえることではないですけど。

今後、dTVチャンネルとAmazonチャンネルはライバル関係になりそうですね。

公式サイト:dTVチャンネル

(関連記事)dTVチャンネルとは?dTVチャンネルとAmazon prime videoチャンネルを比較

Amazon Prime Videoチャンネルをおすすめする人

Amazonチャンネルがオススメな人は、こちらになります。

POINT

  • CS放送などでみたかったチャンネルがある人
  • Amazonプライム・ビデオだけじゃ物足りない人
  • レンタル感覚で楽しみたい人

CS放送などで見たかった専門チャンネルがある人にはおすすめ。
一般の人全員にあうものというよりはマニアックなものなので、なかなか他の動画配信や地上波テレビではみれないです。
また、スカパーなどに契約するのは面倒ですが、こちらは気軽に入れるのがイイですね。

そして、Amazonプライム・ビデオのコンテンツは、映画・ドラマ・アニメ・オリジナル以外は中途半端な部分もあるので、物足りなさを感じている人もいると思います。
その点をおぎなうものとして、チャンネル加入はより動画ライフを充実させることができます。

また、Amazonビデオでレンタルしている人もいるかと思いますが、レンタル料金に近い料金で加入できるチャンネルもあるのでお得!
1か月レンタルできる動画という感覚でチャンネルに加入。で、飽きたらいったん退会と。
そういった使い方で楽しむのもアリだと思います。

まずは、無料お試し体験!

ネット配信

Amazonチャンネルは、基本的には「14日間」の無料お試し期間があります。
※チャンネルによっては期間が7日間や30日間といったものもあり

無料お試しだけしたい人は、無料期間中に解約することで無料で試すことができます。こちらのサービスに興味があっても、合う合わないがあると思いますので、実際に試してみることをオススメします。
また、Amazonアカウントを利用するので、登録はすごい簡単。

ちなみに、1チャンネルごとに14日間無料お試しができるので、1つずつ試したらけっこうな期間を無料で楽しめますよ。

お申込みは、以下からどうぞ。

Amazon prime videoチャンネル

登録方法は簡単ですが、不安な方は以下の記事を参考にどうぞ。
>Amazon prime videoチャンネルの登録方法

それでは、Amazonチャンネルとは?料金や特徴、チャンネル一覧(番組内容)でした。

※本ページの情報は2019年11月15日時点のものです。最新の情報はAmazon Prime Videチャンネル公式サイトにてご確認ください

 Amazon Prime Videoチャンネルの記事一覧

(基本情報)

(登録・解約方法)

(比較)

(体験レビュー)

(使い方)