NHKオンデマンドとはどのようなサービスなのか?受信料を払ってれば無料?

料金やプランの違い、ラインナップ、対応デバイス、視聴方法などを詳しく解説します。

NHKオンデマンド「トップページ」画面

サービス名 NHKオンデマンド
料金 単品 108円~324円/見放題パック 972円
コンテンツ数 7,500本以上
視聴形態 見放題+レンタル
無料お試し期間 なし
ダウンロード機能 なし
対応デバイス スマホ、タブレット、パソコン
※台数制限 不明、同時視聴 なし

NHKオンデマンドとは

NHKオンデマンドは、2008年12月からNHK(日本放送協会)が提供している動画配信サービス。

NHKの地上波やBSなどで放送された番組を見ることができます。

もちろん、映画や民放のドラマ・バラエティなどは配信されてません。

NHKオンデマンドは有料サービスです!

「受信料を払っていれば無料でみれるんでしょ」と思いがちですが、NHKオンデマンドは有料サービス。

ごく一部だけ無料でみれる動画もありますが、基本的には有料で利用するサービスとなってます。

なぜ有料なのかというと、放送法と通信法の違いがどうとか、通信にかかる費用がどうとかと理由が公式サイトに書かれてますが、よくわかりません(笑)。

残念ながら、そうなっている以上どうしようもありません。

利用したからといって受信料は発生しない!

NHKオンデマンドを利用したからといって、BSのようにNHKオンデマンド用の新たな受信料は発生しません。

また、家にテレビがない状態で受信料を払っていない人が、NHKオンデマンドを利用したからといってテレビ受信料が発生するわけでもないので安心して下さい。

利用する時に会員登録しますが、「住所」や「電話番号」を入力するわけではないので、取り立てにやってくるわけでもありません(笑)。

リアルタイム配信は無し

NHKオンデマンドは、現在のところは放送中の番組をリアルタイムで配信していません。

配信している動画は、放送が終わった後に配信されます。

ただし、NHKがネットでリアルタイム配信したい!みたいな動きがあるので、そうなった場合は受信料の話も含めてNHKオンデマンドはどうなるか不明なところですね。

月額プランと料金

NHKオンデマンドのサービスにはいくつかのプランがあります。

プラン名 料金(税込) サービス内容
レンタル(単品) 108円~324円 1本から動画をレンタルできる(視聴期限は24時間か72時間)
見逃し見放題パック 月額972円 月々500~600本の当日または最近放送された番組の「見逃し配信」が見放題でみれる(視聴期限は14日間)
特選見放題パック 月額972円 約7000本の過去に放送された番組が見放題でみれる(視聴期限はなし)

基本的には1本からの「レンタル」と、月額プランの「見放題パック(見逃し・特選)」となります。

レンタルはレンタルビデオと同じように、見たい動画を1本から借りて見ることが可能。
もちろん、1本ごとに料金がかかるので、多くみようとするとそれなりの料金がかかります。

2つの見放題パックは、月額料金を払うと対象となっている動画が見放題でみることができるので、レンタルよりお得!

ちなみに、入会金や解約手数料といったものはありません。

見逃し見放題パックと特選見放題パックの違い

見逃し見放題パック」は、見逃した最近の放送を見ることができます。

常に最新の放送をチェックしたい人に向いてます。
ただ、対象が最近放送されたものだけなので、過去の番組はみれない。例えば、朝ドラも見逃し配信してますが、1話から見ることができなかったりします(1話放送が2週間以上たってると)。

特選見放題パック」は、過去に放送された番組が配信されています(厳選されたもの)。

最近や近年に放送されたものが配信されているので、ドラマを1話からじっくりと楽しみたい!たくさんのNHK番組を見たい!という方に向いてます。
ちなみに、朝ドラでいうと現在放送中の朝ドラも見れますが、最近放送された回は見ることはできないです(日にちがたてば、そのうち見れますが)。

見逃しは利用する人を選ぶと思いますので、とにかく見放題でたくさん見たいなら特選見放題パックがおすすめ!

ちなみに、見逃しと特選は、カテゴリーは同じようにドラマ、ドキュメンタリー、エンタメ番組など配信されています。特に片方はドラマしか見れないといった、カテゴリーが偏ったものではないです。

ただ、見逃しでは特別に「ニュース」がみれますが、特選では見れません。
また、一部片方ではみれない番組もあったりますので、見逃しパックを契約する際は配信している番組を確認して下さい。

一部、無料でみれる動画もあり

基本的には有料サービスですが、一部の動画が無料でみることができます。

そんなに配信している数は多くはないですが。

ちなみに、無料でみるには会員登録が必要となります。

ラインナップ(作品一覧)

NHKオンデマンドでは、どのような番組が配信されているか一部紹介します。

※2019年5月10日現在の情報です。途中で配信終了となったり、配信内容が変更することがあるので参考までに

朝ドラ(連続テレビ小説)

なつぞら、あさが来た、まんぷく、半分青い、わろてんか、花子とアン、こころ、ひよっこ、べっぴんさん、まれ、マッサン、あまちゃん、梅ちゃん先生、カーネーション、ちりとてちん、ちゅらさん、おしん、他

放送中の「なつぞら」から近年の作品、また懐かしの朝ドラ作品もあります。

大河ドラマ

いだてん~東京オリムピック噺~、西郷どん、おんな城主 直虎、八重の桜、江 ~姫たちの戦国~、篤姫、風林火山、功名が辻、義経、おんな太閤記、黄金の日日、徳川慶喜、三姉妹、赤穂浪士、他

放送中の「いだてん」から近年の作品、また昭和の古い大河ドラマも配信されてますね。「赤穂浪士」は1964年放送ですし。

ドラマ

腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。、おしい刑事、ミストレス~女たちの秘密~、我が家のヒミツ、ゾンビが来たから人生見つめ直した件、トクサツガガガ、小吉の女房、アイアングランマ、アシガール、他

もちろん、朝ドラや大河ドラマだけでなく通常のドラマも配信。話題となったドラマもたくさんあります。

NHKスペシャル

東京ミラクル、東京リボーン、平成史スクープドキュメント、人生100年時代を生きる、秘島探検 東京ロストワールド、未解決事件 File.07 警察庁長官狙撃事件、人類誕生、シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク、AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン、ニッポンの家族が非常事態!?、NHK特集 シルクロード、他

社会問題や科学、歴史、自然、犯罪事件などさまざまな話題をとりあげてるNHKスペシャル。1970年代の古い放送も配信してますね。

ドキュメンタリー

クローズアップ現代、プロフェッショナル仕事の流儀、ドキュメント72時間、所さん!大変ですよ、アナザーストーリーズ 運命の分岐点、BS世界のドキュメンタリー、海外ドキュメンタリー、オペラ・バレエ特集、地震・災害 災害から何を学ぶか、やまと尼寺 精進日記、宇宙特集、他

国内から海外まで幅広いドキュメンタリー番組を配信。個人的には「仕事の流儀」「ドキュメント72時間」は何度みても面白いですね。

エンタメ

チコちゃんに叱られる!、ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!、サンドのお風呂いただきます、有吉のお金発見 突撃!カネオくん、梅沢富美男と東野幸治のまんぷく農家メシ!、ブラタモリ、ねほりんぱほりん、他

放送中のエンタメ番組など配信。大人気の「チコちゃんに叱られる!」もありますね(ただ配信数は少なめ)。個人的には「ねほりんぱほりん」のブラックな感じが好きです。

ニュース

おはよう日本、NEWS WATCH 9、NEWS 7、NHKニュース

朝・昼・夜のニュース番組を配信。見逃し見放題パックの人だけが視聴でき、ニュースの話題ごとに動画がみれるので、本日のニュースチェックに便利です。

対応デバイスとダウンロード機能

項目 内容
対応デバイス スマホ・タブレット、PC
ダウンロード機能 なし

NHKオンデマンドは、スマホ・タブレット、PC(パソコン)で視聴することができます。

もちろん1つのアカウントでスマホとPCと各デバイスで視聴が可能で、デバイスごとに料金は発生しないです。

テレビで見るには、「アクトビラ」に対応したテレビや、一部のケーブルTV(J:COMなど)、NTTぷららの「ひかりTV」やKDDIの「auひかりTV」で利用が可能。

それ以外では、動画配信サービス「U-NEXT」などでNHKオンデマンドを契約すると、Fire TVやドコモテレビターミナルなどのSTBを使って視聴できます。

U-NEXTからですとポイントでNHKオンデマンドの無料体験ができるので、テレビで見たい人におすすめですね。

公式サイト:U-NEXT(特別申し込みページ)

ちなみに、NHKオンデマンドはダウンロード機能に対応してないので、自宅で動画データをダウンロードしておいて、オフラインで視聴するということはできません。

NHKオンデマンドのデメリット

POINT

  • 受信料払ってるのに有料なことに納得いかない
  • 過去に放送されたNHK番組が全てみれるわけではない
  • 番組によって配信数が少なかったりする
  • (基本的に)テレビでみれない
  • ダウンロード機能がない
  • リアルタイム配信はない

NHKオンデマンドはこのようなデメリットがあります。
特に受信料払っている方は、有料なことに納得いかないと思いますが。

そして、過去の膨大な番組データがたくさんあるはずなのに、アーカイブのようにズラリそろっているわけでもないのが残念なところ。

あとは、テレビで見るのが簡単ではない点もマイナス。

といったことがあるので、人によっては見たい番組が物足りなさを感じたりすることもありそうですね。

NHKオンデマンドをおすすめする人

POINT

  • NHKの番組が好きな人
  • 長編ドラマが好きな人(朝ドラ、大河)
  • 気になる番組を見逃した人
  • レコーダーがない人

なんだかんだいってNHKの番組は質が高いものが多くありますので、NHKの番組が好きな方は多いと思います。また、何度みても面白い番組もありますし。

特に朝ドラや大河などのドラマを見たい人は、けっこう充実しているので楽しめますね。

あとは引っ越したばかりでテレビがない人や、入院中の両親のために利用するといった使い方もアリだと思います。

NHKオンデマンドの視聴方法

NHKオンデマンドの視聴方法を解説します。

1.新規会員登録をする(無料)

NHKオンデマンド「新規会員登録」画面

公式サイト:NHKオンデマンド

まず、NHKオンデマンドを利用するには、新規会員登録(アカウント作成)する必要があります。

住所や電話番号などは必要ない登録なので、とても簡単。また登録するだけは無料です。

ちなみに、会員になると「無料」となっている動画を視聴できます。といっても、ごく一部ですが。

新規会員登録の流れは以下になります。

  1. トップページの「新規会員登録」ボタンを押す
  2. アカウント情報を入力
  3. 届いたメールのURLをタップ
  4. 登録完了

これでアカウントが作成され、会員IDとパスワードでログインしてサービスを利用できます。

2.見放題パックを契約する

会員登録をするとレンタル(単品)したり、見放題パックを契約できます。

見放題と特選のどちからの見放題パックを契約する場合は、以下のような流れになります。

  1. トップページにある契約したい「見放題パック」のボタンを押す
  2. 契約内容を確認する
  3. 決済方法の選択・入力
  4. 契約完了

契約手順はネット通販の購入みたいなものなので、それほど難しいものでもありません。

さらに詳しい契約方法は、以下の記事を参考にどうぞ。
>NHKオンデマンドの新規会員登録・見放題パックの契約方法(見逃しパック例)

3.デバイスで視聴する

そして、契約がおわったら後は好きなデバイスで視聴して下さい。

スマホの場合なら、「NHKオンデマンド」アプリをインストールして動画を視聴して下さい。
アプリはNHKオンデマンドのトップページの下の方にあるリンクからインストールできますし、またはアプリストアから検索してインストールしてもOK。

PCの場合は、NHKオンデマンドサイトにログインすると動画を視聴できます。

無料お試し期間はあるの?

ネット配信

NHKオンデマンドの見放題プランには、無料お試し期間はありません。

なので、プランを契約するとその月から1ヶ月分の料金が発生します。

もし、見放題プランを契約するか迷っている方は、動画配信サービス「U-NEXT」で見放題プランを契約するのがおすすめ!

特別申し込みページからU-NEXTの月額サービスの無料お試しすると、1,000ポイントをもらうことができますので、そのポイントを使って見逃しか特選の見放題プランのどちらかを最大1ヶ月無料体験できます。また、テレビで見ることもできますし。

公式サイト:U-NEXT(特別申し込みページ)

U-NEXTの月額サービスに興味がない場合は、手続きをすると見放題プランだけ利用することも可能ですよ。

詳しくは、以下の記事を参考にどうぞ。
>U-NEXTの「NHKオンデマンド」申し込み方法(特選見放題パックの例)

それでは、NHKオンデマンドとは?月額料金やプランの違い、視聴方法でした。

※本ページの情報は2019年5月10日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください