「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いは?比較してみた

NHK提供の「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いを解説。

加入条件や料金、サービス内容、作品数、画質、ダウンロード機能、同時視聴、対応デバイスといった点を比較検討します!

簡単に結論をいうと…

比較

「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」は、共にインターネットを使って視聴できる動画配信サービス。

簡単に違いをいうと、NHKプラスは無料でテレビで放送中の番組をライブで見ることができます。

NHKオンデマンドは、有料で過去に放送した番組を好きなタイミングで見ることができます。

NHKプラスとNHKプラスの違いを比較!

細かい違いとしては、以下のようになります。

項目 NHKプラス NHKオンデマンド
加入条件 受信契約をしてる人 ※1 受信契約してない人でも利用できる
料金 無料 単品レンタル 110円~330円
見放題パック 990円
※一部、無料で見れる動画もあり
サービス ネット同時配信
見逃し配信(1週間)
オンデマンド配信
見逃し配信(約2週間)
見れるチャンネル NHK総合テレビ、NHK教育テレビ NHK総合テレビ、NHK教育テレビ、BS1、BSプレミアム
作品数 2チャンネル 7,500本以上
画質 SD画質 SD、HD、4K画質
ダウンロード機能 不明 なし
同時視聴 5台 1台
デバイス スマホ、タブレット、PC スマホ、タブレット、PC、テレビ(※2)

※2020年3月5日現在の情報
※1 画面に登録をうながずメッセージが表示されるだけで、受信契約してない人が見れないわけではない
※2 U-NEXTのNHKオンデマンドを利用した場合は、U-NEXTアプリに対応したテレビでも視聴が可能。他にも方法はあり

NHKプラスの特徴としては、受信契約者しか利用できないという点。
そしてテレビ放送中の番組がライブで見れ、放送を見逃しても見逃し配信(1週間)があります。

NHKオンデマンドは、受信契約してない人でも利用できますが基本的には有料。
過去に放送した約7,000本の番組をたくさん楽しんだり、NHKプラスより長い期間の見逃し配信があり。ただNHKが過去に放送した全ての番組が見れるわけではなく、選定された番組となります。

このようにNHKプラスはテレビの延長で、NHKオンデマンドは本格的な動画配信サービスといえます。

サービス内容や機能面を比較すると、やはり有料のNHKオンデマンドの方が強い!
地上波だけでなくBS番組がみれますし、画質も高め。また、方法によってはテレビでも見れるのでそういった点は大きな違いになりますね。

NHKオンデマンドはどんな人におすすめか?

無料のNHKプラスは普通にテレビを見る感じで楽しめ、1週間の見逃し配信あるのでそれなりに使えます。

ただ制限があるので、以下のような人はNHKオンデマンドがおすすめ。

  • いろいろな朝ドラ・大河を1話から一気見したい
  • 好きなタイミングで番組を見たい
  • キレイな画質で見たい
  • 大画面のテレビで見たい

といった方は、NHKオンデマンドを検討してみてはどうでしょうか。

NHKオンデマンドに加入するなら「U-NEXT」からがおすすめ!

ネット配信

NHKオンデマンドは公式サイトから利用できますが、動画配信サービスの「U-NEXT 」でも見ることができます。

U-NEXTだと毎月もらえるポイントを利用することでNHKオンデマンドが見れるので、NHK以外の映画・ドラマ・アニメも見たい人ならおすすめ。

さらにU-NEXTアプリに対応したスマートテレビやSTB(Fire TVやApple TVなど)を利用すれば、NHKオンデマンドがテレビでも見れます。

詳しくは、以下の記事を参考にどうぞ。
>U-NEXTの「NHKオンデマンド」申し込み方法

まとめ

NHKプラスとNHKオンデマンドは同じNHKの動画配信サービスですが、サービス内容や機能面などでいろいろな違いがあります。

目的にあわせてNHKプラスやNHKオンデマンドを活用しましょう!

それでは、「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いは?比較してみたでした。

※本ページの情報は2020年1月21日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください