Audibleのおすすめ「ラノベ作品」まとめ(異世界モノからアニメ化作品まで)

【PR】Amazonキャンペーン情報

Audible (オーディブル) のおすすめ「ラノベ作品」をまとめてみました。

異世界モノからアニメ化作品まで、アニメではない・ライトノベル小説ではないオーディオブック版の世界観で楽しんでみてはどうでしょうか。アニメ出演者声優の朗読もあり!

公式サイト:Audible(オーディブル)

Audibleのおすすめ「ラノベ作品」

この素晴らしい世界に祝福を!

ゲームを愛する佐藤和真は女神を道連れに異世界転生。大冒険が始まる……と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる。「安定」を手にしたい和真だが、女神が次々問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?

1巻のナレーターは、アニメで女神アクア役をつとめた「雨宮天」。
そして、2巻では魔法使いめぐみん役の「高橋李依」、3巻では変態ダクネス役の「茅野愛衣」と、巻によって朗読するナレーターが変わります。
また、特別短編集では主人公カズマ役の「福島潤」が朗読します。

『この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)』はヒッキーの異世界転生もので、才能はあるが残念なヒロイン達との掛け合いがとても面白い。
基本的にはギャグ多めで、始まりの街でグズグズした日常で魔王なんて倒しに行きませんが、ちょっとしたシリアスもありバランスがいいです。個人的にはギャグ多めテイストが好きなので、お気に入りの1つ。
異世界モノの魅力の1つである世界観の広がりもありますし、ヒロインたちのキャラクターも魅力的。特に女神アクアのクズっぷりはいいですね。

オーディオブックの1巻では、女神アクア役の雨宮天が1人で朗読しており、もちろん1人で各キャラクターを演じてます。淡々と読むのでなく、そのキャラをキッチリ演じます。
なので、他のキャラクターをどう演じるかが面白いところですし、またアニメしか見てない人はアニメでは放送されなかった話があったり、話の構成が違ったりと楽しめると思いますよ。

このすばの詳しい感想は、以下の記事も参考にどうぞ。
>Audible『この素晴らしい世界に祝福を!』の感想

幼女戦記

金髪、碧眼そして白く透き通った肌の幼女が、空を飛び、容赦なく敵を撃ち落とす。
幼女らしい舌足らずさで軍を指揮する彼女の名はターニャ・デグレチャフ。
だが、その中身は、神の暴走により幼女へと生まれ変わることとなった日本のエリートサラリーマン。
効率化と自らの出世をなにより優先する幼女デグレチャフは、
帝国軍魔導士の中でも最も危険な存在へとなっていく――。

ナレーターは「山崎健太郎」「佐野愛」。アニメでのキャストではありません。

幼女戦記はおっさんが幼女に転生して戦争で出世をめざすという、ギャグのような話ですが戦争モノなので基本まじめ。おっさんが幼女(また女性)ということで、いろいろ戸惑うところが面白味の一つではあります(むしろ、転生してただの男だったらイマイチ盛り上がりにかける話になっただろうし)。
また、幼女なのに狂気じみてるという点が、童話ちっくな雰囲気をかもしだしていてイイです。
アニメはそれなりに面白かったのですが、だいぶ原作からカットしたんだろうなというダイジェスト感があったのが残念でしたが。

オーディオブックはアニメとはキャストが違うので違った感じで楽しめますし、ダイジェスト感になってしまったアニメをより深い内容まで理解できると思います。
ちなみに、ラノベ原作の1巻はビックリするほどブ厚いのですが、オーディオブックは1巻の上巻だけで「8時間48分」あり、超ボリューム!おいおいって感じです。

ちなみに、劇場版 幼女戦記は2019年2月に劇場公開予定!

オーバーロード

その日、一大ブームを起こしたゲームはサービス終了を迎えるはずだった。――しかし、終了時間をすぎてもログアウトしないゲーム。意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。 なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい!? 骸骨の肉体を持つ最強の大魔法使い――モモンガの本当の伝説がここからはじまる!

ナレーターは「吉開清人」「森史絵」。アニメでのキャストではありません。

オーバーロードはダークヒーローとして活躍する異世界モノ。
アニメは1期から3期まで見てますが、1期あたりまでは面白くみれました。
ただ、2期あたりからはサイドストーリーが多くなってきて、なんだかどう見ていいのかよくわからない。また、主人公が何がしたいのか、よくわからなくなってきました。
そんな感じなので個人的にはイマイチな感じですが、「で、結末はどうなるの?」と気になる作品ではあります。

オーディオブックでは男性役と女性役がわかれての朗読。こちらは聴いてませんが、サンプルでは重厚感のある声をしてるので、アインズ感はバッチリだと思います。

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?

「マー君。これからお母さんと一緒にたくさん冒険しましょうね」夢にまでみたゲーム世界に転送された高校生、大好真人だが、なぜか真人を溺愛する母親の真々子も付いてきて!? 母親同伴の新感覚冒険コメディ開幕!

ナレーターは「茅野愛衣」。

この作品は、アニメ化が決定しているナレーターの茅野愛衣が同じくヒロインのお母さんを演じることが決まっています(2019年夏公開)。
アニメ化の前に、どんな映像になるのか想像しながら聴いてみてはどうでしょうか。

作品は異世界モノというより、ソードアート・オンラインみたいなゲームに入る系。生死がどうのこうのではなく、のんびりと親子ドラマが展開。親子の愛がテーマとなってます。

オーディオブックでは、茅野愛衣の息子に甘々な癒し系お母さん役がとても似合ってますね。さらに他のキャラクターもロリからツンデレ、クールまで幅広い役をまったく違う感じで演じてます。

このすばの詳しい感想は、以下の記事も参考にどうぞ。
>Audible『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』の感想

小説 君の名は。

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉と、東京で暮らす男子高校生・瀧
夢の中で入れ替わっていることに気づいた二人は――。
出会うことのない二人の出逢い。少年と少女の奇跡の物語。

ナレーターは「朴璐美」。アニメ映画でのキャストではありません。

映画はキャッチな感じで一般受けし、ヒットとなりました。
謎があり、青春があり、世界崩壊があり、Hな感じがありと、だいぶ見やすい映画でした。今までのアニメ映画と違ってわかりやすいです(最近増えましたよね)。

朗読はベテランの朴璐美。男役に定評があるので、安心して聞けます。
ただ映画では映像美(また音楽)が魅力の一つでしたが、オーディオブックではそこはもちろん無し。その点はデメリットですが、逆にいうと純粋にお話だけに集中できます。

2018年12月6日には『君の名は。 Another Side:Earthbound』が発売予定。
特別に小説となった映画のサイドストーリーです。

そして、新海誠作品オーディオブックプロジェクトとして『言の葉の庭』『秒速5センチメートル』もあり。今後も新海誠作品をオーディオブック化していくのかもしれませんね。

まとめ

Amazonのオーディブルは、オーディオブックの中ではラノベ作品に力をいれていますので、他にも面白い作品があります。
また、今後タイトルが増えていきそうです。

作品のファンの方は、オーディオブック版の作品も試してみてはどうでしょうか。

Audibleの無料体験で1冊もらえる!

公式サイト:Audible(オーディブル)

オーディブルのタイトルは、Amazon会員なら普通に購入できますが、オーディブルの月額会員ですと特典で30%オフで安く購入できます。

また、オーディブルの月額プランは「30日間の無料お試し期間」があるので、無料で試すことができます。

無料お試しだけで辞めても1冊が無料でもらえるので、無料お試ししないと損!

オーディブルの詳しいサービス内容については、以下を参考にどうぞ。
>Audible (オーディブル) とは?料金や評判、メリット・デメリット

また、無料体験の登録をするなら、以下も参考に。
>Audible (オーディブル) の無料体験の登録方法

ラノベのアニメ作品をみるなら「dアニメストア」がおすすめ!

アニメ化となったラノベ作品のアニメ作品をたくさん楽しむなら「dアニメストア 」がおすすめです。

月額400円のアニメ専門の動画配信サービスで、圧倒的な数のアニメ作品をスマホやPCなどですぐに視聴できます。
ドコモのサービスですが、誰でも加入が可能。

1ヶ月の無料お試しがありますので、dアニメストアを試してみてはどうでしょうか。

詳しくは、以下の記事を参考にどうぞ。
>dアニメストアとは?料金・サービス内容や作品ラインナップの特徴

それでは、Audibleのおすすめ「ラノベ作品」まとめ(異世界モノからアニメ化作品まで)でした。

※本ページの情報は2018年11月29日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください