Audible (オーディブル) とは?料金や評判、メリット・デメリット【Amazon版】

Amazonキャンペーン情報

※1 詳しい条件は公式ページを確認して下さい

Amazonのオーディオブックサービスの「Audible(オーディブル)」について解説。

料金やサービスの仕組み(コイン制や返品)、評判・口コミやメリット・デメリット、どんな人のおすすめかを詳しく解説します。

Amazonの「Audible (オーディブル) 」とは?

公式サイト:Audible(オーディブル)

Audible(オーディブル)」とは、ベストセラーや文学、ビジネス書、ライトノベル、落語、洋書など、さまざまなジャンルのオーディオブックを利用できるサービスです。

プロのナレーターや声優を使った質の高い朗読で、本の内容を聴くことができます。

オーディオブック専門のサービスなので、紙の本や電子書籍は販売しておりません。

「Amazon版 Audible」と「公式版 Audible」は何が違うのか?

Audibleは、AmazonにあるAudibleと、それとは別にAudible公式サイトがあります。

2つは何か少し違うサービスなのかと思われますが、基本的には同じサービス。
同じ料金、同じサービス内容で、同じアプリを使います。

ただ登録する時に、申し込む場所が違うだけ。
Audible公式サイトから申し込みをしても、「Amazonアカウント」を利用することとなるので、どちらで登録しても同じです。

ちなみに、AudibleはAmazon関連会社となってます。

Audibleの料金

Audibleの会員プランは1つだけで、月額1,500円

あとは、会員特典のコインとは別に、本(以下タイトル)を単品購入する際に料金が発生します。
それ以外は、初期費用や解約費用はかかりません。

会員プランに入ると「30日間の無料体験」がはじまり、無料体験が終わった翌日に有料サービスが開始となり、はじめて料金が発生します。

支払い方法は、「Amazonアカウント」を利用して支払いとなります。

ちなみに、会員プランに入らなくてもタイトルを単品購入(クレジットカード払い)は可能。

Audibleの会員特典と「コイン制」と「返品」の仕組み

コイン

月額1,500円の会員プランになると、会員特典で毎月「1コイン」がもらえます。
あとは、会員プランの人は30%オフでタイトルを購入できるという特典もあり。

その1コインをどう使うかというと、1コインでどのタイトルでも1つだけ購入できます。
1,500円以上のタイトルでも、それ以下でも1コインで購入が可能!
もちろん、購入したタイトルは会員プランを辞めても、ずっと聴くことができます。

それだけだと、悪くないけどあまりお得なサービスという印象ではありません…

しかし「返品」という仕組みがあり、1コインで購入したタイトルを返品することができます。
返品はその名のとおり、「購入したものをやっぱり買うのやめた」と返却するのと同じ。
そして、返品すると使用した1コインが戻ってくるのです。

少し聴いただけでも、最後まで聴いても返品は可能。
となると、1冊聴いては返品し、聴いては返品しを繰り返しできます。

ただ、何回か返品すると「返品不可」となります。無限には返品はできないようです。
返品回数の上限は公式では発表してませんが、ツイッターの評判では「3~9回」という感じ。
ちなみに、返品不能となってもカスタマーセンターへ連絡すると、また返品ができるようにはなるようです。

そのへんの返品の仕組みが少し使いづらいところではありますが、1,500円以上のオーディオブックを数冊は聴けると考えればお得なサービスといえます。

(関連記事)Audibleの返品とは?スマホとPCからの返品方法

Audibleを聴けるデバイス

Audibleは、スマホ・タブレットPCで聴くことができます。

「iOS」「Android」「Windows」版のアプリがあり、各端末3台まで利用できます(iOS 3台、Android 3台、Windows 3台の合計9台)。

ちなみに、Amazonのサービスですが、「Kindle(キンドル)」端末や「Kindleアプリ」では聴けません。

Audibleのラインナップ

人気作家のベストセラーや名作文学、映画・ドラマ化されたタイトル、自己啓発本やビジネス書、ライトノベル、落語などさまざまなカテゴリーがあります。

洋書もそろっていて、英語初心者におすすめな本や、英語で聴くビジネス書や日本文学といったものがありますね。

さすがにオーディオブックなので、最新の本のラインナップがたくさんあるというわけではないようですが。

もちろん、誰が朗読するかも大きなポイント!
プロのナレーターだけでなく、俳優・女優の方が読んでいたり、ライトノベルではアニメで出演してた声優の人が読んでいたりと。中には著者が朗読している変わり種も(笑)

ちなみにカテゴリーは、以下のように分けられています。

名作文学 (718)
現代文学 (367)
時代小説 (710)
ミステリー・ホラー (430)
SF・ファンタジー (29)
古典・神話 (227)
絵本・児童書 (881)
詩歌 (21)
自己啓発 (生き方・人生論) (756)
自己啓発 (成功法) (114)
自己啓発 (人間関係・コミュニケーション) (213)
ビジネス (マネー・資産運用) (84)
ビジネス (マーケティング・セールス) (329)
ビジネス (キャリア・マネジメント) (248)
ライトノベル・BL・声優 (679)
落語・寄席・演芸 (846)
語学 (843)
学習・教育 (65)
科学・テクノロジー (62)
社会・政治 (157)
宗教・哲学 (246)
評論・対談 (341)
歴史・地理研究 (191)
地理・旅行 (144)
エッセー・自伝 (158)
暮らし・健康・趣味 (157)
ヒーリング (310)
エンタメ・カルチャー (844)
ラジオ・ラジオドラマ (480)
官能 (46)
アダルト (265)
洋書 (403,500)

※2018年10月3日現在の情報。()はタイトル数

Audibleの評判・口コミ

主にアプリのレビューから集めた、よい評判と悪い評判をまとめてみました(実際のコメントを簡潔に編集してます)。参考までにどうぞ。

よい評判

よい評判

  • コイン制はよくないと思ってたけど悪くない
  • 月額プランを解約しても、購入したタイトルがずっと聴き続けられるのが嬉しい
  • 朗読CDを買うことを考えれば安い
  • ラノベを声優さんが読むのに、それだけで価値がある
  • 好きな俳優さんの朗読を聴きたくて無料体験したけど、他にも面白いジャンルがあったので継続中
  • ラジオに飽きたら、Audible聴いてる
  • 体が忙しくても耳が暇な時に利用している
  • あまり本を読まないので、オーディオブックだと聴きやすく勉強になる
  • 本を読むのが遅く集中できないけど、オーディオブックだとスッとはいる
  • 車を運転しながら聴いて、時間を有効活用してます
  • 音読の速度も変えれるのでいい
  • 速音術を身につけられる
  • アプリが使いやすい

本をじっくり読む暇がない人、本を読むのが苦手な人がAudibleのオーディオブックを上手く活用できているようですね。
あとは時間の有効活用として、すき間時間で使ったりとか、音読の速度で短い時間で学習といった人も。

悪い評判

悪い評判

  • コイン制より聴き放題の方がよかった。改悪だ
  • 返品に回数制限があるのが不満だし、上限があいまいでわかりにくい
  • もっとオーディオブックの価格を安くしてほしい
  • もっと数がほしい
  • 毎回同じような書籍がトップで表示される
  • タイトルによって上下巻に分けるのは不満
  • 俳優・女優でも朗読が上手くない人もいる
  • タイトルを探しにくい

悪い評判が多いのは、やはり見放題からコイン制に移行したこともあり、不満をもつ人がけっこういる点ですね。
やはり、使い慣れたものが変わるのは抵抗があると思います。
あとは、人によっては本の価格が高いという人も。このへんはオーディオブックをどう捉えるかが人によって分かれる点。

Audibleのメリット・デメリット

Audibleのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 1コインで1,500円以上の本が購入できる
  • 返品で何冊かの本を聴ける
  • 30%オフで購入することができる
  • 人によってはオーディオブック一冊の価格が安いと感じる
  • 音読の速度を変えることができる
  • アニメのキャスト声優による原作の朗読が聴ける

デメリット

  • 返品に制限があり、上限がわかりにくい
  • 普通の書籍より高い
  • 人によってはオーディオブック一冊の価格が高いと感じる
  • 普通の書籍のようにラインナップが豊富とはいかず、物足りなさを感じる人も
  • 本の1巻が上下巻に分かれているものもある

Audibleをおすすめする人

Audibleをおすすめする人は、以下になります。

POINT

  • 読む、見るとは違った作品を味わいたい人
  • 本を読むのが苦手な人
  • すき間時間(通勤や車移動など)を活用したい人
  • ビジネス書のスキルを、繰り返し聴いてマスターしたい人
  • 英語を勉強している人
  • 速音で、短い時間で本を読みたい人
  • アニメで出演した声優の朗読が聴きたい人

このような人にAudibleのオーディオブックがおすすめです。

人によってはおすすめポイントは違いますが、一般的にはすき間時間の活用にオーディオブックは大きな力を発揮すると思います。

個人的にはアニメが好きですが、アニメのキャストがラノベ原作を朗読するのは、アニメとも原作とも違った楽しみ方があって面白いですよ。
1人で複数のキャラを演じたりとか、アニメでカットされた話があったりとか。しかも何時間というボリュームがあったりと、けっこう楽しめます。

Audibleの無料体験をしよう!

Audibleの会員プランには「30日間の無料体験」があります。

無料体験中に解約することで、「無料」で試すことができます。
もちろん、無料体験でも1コインがもらえるので、本を聴くことが可能。

また、無料体験中に解約しても、1コインで購入した本はずっと聴けます!(つまり1冊無料でもらえる)

オーディオブックは、特に人によって合う合わないがあると思いますので、気になる方は無料体験をしてみてはどうでしょうか。

会員プランの申し込みは、以下からどうぞ。

Audible(オーディブル)

ちなみに、登録方法は簡単ですが、不安な方は以下の記事を参考にどうぞ。

それでは、Audible (オーディブル) とは?料金や評判、メリット・デメリット【Amazon版】でした。

※本ページの情報は2018年10月1日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください