dTVとAmazonプライム・ビデオの違いを比較。同じ月額500円のライバル!

動画配信サービス「dTV」と「Amazonプライム・ビデオ」の違いを比較します。

料金や作品数、ラインナップ、特典、対応デバイス、ダウンロード機能などを詳しく比較。同じ月額500円のVODの違いは、どれほどあるのかを検証します。

「dTV」と「Amazonプライム・ビデオ」とは?

公式サイト:dTV

dTVは、映画・ドラマ・アニメを中心とし、他のVODとは少し違ったその他のジャンルもそろっている定番の動画配信サービスの1つ。
会員数は500万人を超えていて、有料の動画配信サービスの中ではシェアNo.1を誇ってます(2016年6月時点)。現在はドコモ以外の人でも加入が可能。

公式サイト:Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム会員の特典の1つ。
プライム対象となっているAmazonビデオの動画が見放題となるサービスです。プライム会員になることで、さまざまな特典をAmazonで利用できます。

dTVとAmazonプライム・ビデオの違いを比較する

簡単に結論をいいますと、全体的にdTVの方が作品数や質が高め。

同じ月額500円ではありますが、dTVはやはり動画配信の専門サービスということもありますし、いろいろ特典の集まりのAmazonプライムとはやはり違ったものになります。

ただ、ジャンルによってはAmazonプライム・ビデオが強い点もありますし、たまにレンタルビデオ店を利用しているライトユーザーならAmazonプライム・ビデオでも十分に楽しめます。

なので、動画をシッカリと楽しむなら「dTV」、いろんな特典がありつつ話題の動画をたまにみたいなら「Amazonプライム・ビデオ」といった感じ。

以下、2つの違いを詳しくみていきます。

※簡単に2つの違いを知りたい場合、下の方にある違いをまとめた「比較まとめ(表)」を確認してください

1.料金と視聴形式の違い

項目 dTV Amazonプライム・ビデオ
料金 月額500円 月額500円(または年額4,900円)
視聴形式 見放題+レンタル 全て見放題

料金は、dTVは月額500円で、Amazonプライム・ビデオ(Amazonプライム会員)は月額500円(または年額4,900円)となります。

Amazonプライム・ビデオは年間プラン4,900円だと月409円ぐらいなので、だいぶ安いですね。

最近の動画配信サービスは、約500円、1,000円、2,000円といった3クラスがありますが、dTVとAmazonプライム・ビデオは500円クラスでは代表的なものサービスとなってます。

dTVは「見放題」と「レンタル」。
基本的には見放題が多く、レンタルは新作がレンタルといったことが多いです。ただ旧作でも中にはレンタルも。
ちなみに、dTVは「dポイント」を使って、レンタルすることができます。

Amazonプライム・ビデオは「全て見放題」となっており、プライム対象となっている動画が見放題。
対象となってないその他のAmazonビデオの動画は、個別にレンタルや購入することも可能です。

2.作品数の違い

項目 dTV Amazonプライム・ビデオ
作品数 12万本以上 8,000本以上

作品数は12万と8,000本となってますが、中心となっている映画・ドラマ・アニメの「物語系の動画」を合計してみると、そこまでの割合をしめてるわけではないです。

その他のジャンルの動画が多くあったりするので、公式が発表している全体の作品数は参考までにした方が良いです。

以下、中心となっている映画・ドラマ・アニメの作品数。

項目 dTV Amazonプライム・ビデオ
洋画 2,483(812) 1,000以上 ※1
邦画 837(407) 437
海外ドラマ 515(164) 625 ※1
国内ドラマ 274(200) 240
韓流・アジアドラマ 339(259) 80
アニメ 612(422) 550

※2019年4月現在。()内は見放題の数
※1 Amazonプライム・ビデオの映画・海外ドラマは字幕版と吹替版が1つの動画として分かれてるので、単純に考えてさらに半分くらいの作品数と考えた方がよい

映画・ドラマ・アニメの見放題の作品数をみると、どっちかがすごい多いというわけではないですね。全体としてみると、多少dTVの方が多い感じで。

そして、ジャンルによっては数の勝ち負けがあるといったところ。

あとは表にはしてないですが、映画・ドラマ・アニメ以外のジャンルの作品数は、圧倒的にdTVの方が数が多いです。

2.ラインナップの違い

項目 dTV Amazonプライム・ビデオ
ジャンル 映画(邦画・洋画)、ドラマ(国内・海外・韓流)、アニメ、音楽、オリジナル、教養・バラエティ、シアター、ショートショート、キッズ、ガールズ、フィットネス 映画(邦画・洋画)、ドラマ(国内・海外・韓流)、アニメ、オリジナル、バラエティ、キッズ、ドキュメンタリー、その他

定番のVODは、映画・ドラマ・アニメを中心にしてますが、ジャンルに特徴が出てきます。

(1)洋画はdTV、邦画は同点

映画

見放題の作品数でみると、dTVの方が「洋画」が約300本ぐらい多いので、洋画を多くみるならdTVといった感じですね。

そして、「邦画」は作品数としては同じくらい。こちらはどちらでも変わらない感じです。

あとは、新作映画は大抵はどちらもレンタルとなっているので、見たい場合はレンタルとなります。

(2)Amazonプライム・ビデオは海外ドラマに力が入ってる

海外ドラマ

Amazonプライム・ビデオが力を入れているジャンルの1つとして「海外ドラマ」。

話題となった海外ドラマを配信してますし、Amazonオリジナル海外ドラマも制作し配信中。

オリジナル海外ドラマは、そこまで大ヒットとか数が多いといったものではないですが、じょじょに数を増やし制作にも力を入れていってます。

そして、最近では海外では人気のあるHBOとも契約し、HBOの作品を配信。
HBOの『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズの配信は話題となりました。

dTVの海外ドラマは、それほど独自性のあるラインナップというわけではなく、一般的な話題作を配信してます。そこまで力は入ってない感じですね。
ただ、アジアの「韓国ドラマ」は他の動画配信サービスと比べても作品数が多め。

(3)dTVはオリジナル国内ドラマに力が入ってる

国内ドラマ

Amazonプライム・ビデオの海外ドラマとは逆に、dTVは「オリジナル国内ドラマ」に力が入ってます。

最近では映画『銀魂』のサブストーリーのドラマを配信したり、漫画原作の『闇金ウシジマくん』『花にけだもの』『不能犯』『高台家の人々』をドラマ化したり、小説原作をドラマ化したりと、オリジナルドラマをどんどん配信してます。

(4)アニメは大人向けならAmazonプライム・ビデオ、子供向けならdTV

アニメ

Amazonプライム・ビデオは力の入れているジャンルの1つとして「アニメ」があります。
放送中アニメもそれなりの数を配信してますし、近年のアニメ映画もどんどん配信。

dTVは悪いわけではないですが、子供向けアニメに力が入っている感じです。
dTVは家族向けを意識してるせいか、子供でも安心してみれるアニメが多いですね。

なので、大人が見るならAmazonプライム・ビデオ、子供が楽しむならdTVがおすすめ。

ただ、アニメ専門動画配信サービス「dアニメストア 」と比べるともちろんだいぶ数は少ないです。本格的にアニメを見たい人は、アニメ専門のVODを選んだほうが良いですね。

(関連記事)「アニメ」の見放題が多い・安いのは?有料のおすすめ動画配信サービス比較まとめ

(5)音楽ライブがたくさんのdTV

アイドル

dTVはエイベックスが絡んでいることもあって、音楽には力が入ってます。

特にライブ映像はアーティストごと、またイベントのライブなどがけっこうな数が配信されています。
多く配信されているアーティストの世代がピッタリな人にはいいですね。

またライブ映像以外には、MV(ミュージックビデオ)も配信されてます。

(6)オリジナルバラエティのAmazonプライム・ビデオ

バラエティ

Amazonプライム・ビデオといえば、独自で制作している「オリジナルバラエティ」が話題ですね。

松本人志の『ドキュメンタル』や『内村さまぁ~ず』、『今田×東野のカリギュラ』、『戦闘車』など。
Amazonが日本のバラエティをオリジナルで制作しているというのが、なんだか不思議な感じですけど。

(7)dTVの変わり種「フィットネス」「カラオケ」「ムービーコミック」

エクササイズ

dTVはけっこう変わり種のジャンルがあります。

2018年には「フィットネス」というジャンルをたちあげ、フィットネスに関する動画を多く配信してます。
こちらもエイベックスがからんでいることもあり、TRFのダンスエキササイズもあり。また、胸キュンしながら美しくなるエキササイズドラマも。

(関連記事)dTVに新ジャンル「フィットネス」追加!きゅんトレやTRFダンスエクササイズの動画で、ジムより安いお家フィットネス!

また、音楽ジャンルには「カラオケ」があり、自宅でカラオケなんでできます(笑)。
カラオケといっても適当なものでなく、JOYSOUNDの映像をつかってるようなので、本格的なカラオケを体験できます。

そして、「ムービーコミック」。
漫画に背景音やセリフ音声をいれて、漫画を読む?見る?ムービーコミックがあります。人気作の漫画があるので、アニメまたはドラマとは違った感覚で楽しめます。もちろん、男性漫画から少女漫画まで。

このように、他のVODにはない変わり種がdTVにはあります。

(8)その他ジャンルが恐ろしくあるAmazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオのトップページでは、主に映画・ドラマ・アニメがピックアップされていますが、その他のジャンルがたくさんあります。

インタビュー・トークショー 、インディーズ・アートハウス、エクササイズ・フィットネス、LGBT、エロス、科学・テクノロジー、キッズ・ファミリー、教育、グルメ、芸術・娯楽、ゲーム、スポーツ、ドキュメンタリー、ニュース・解説、ハウツー、ビューティー・ファッション、ホーム・ガーデニング、ミュージカル、ミュージックビデオ・コンサート、リアリティショー、旅行など。

ジャンルによって作品数はたいした無いですが、よくわからない動画がたくさんあります(笑)。
そんな動画を探す楽しみ方もあるかもしれませんね。

4.特典の違い

項目 dTV Amazonプライム・ビデオ
特典 会員ランク特典 配送特典、会員限定先行タイムセール、Prime Music聴き放題、Kindle読み放題、Amazon Photos、Amazonファミリーなど

Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム会員の特典の1つでしかないですが、その他に「配送特典、会員限定先行タイムセール、Prime Music聴き放題、Kindle読み放題、Amazon Photos、Amazonファミリーなど」多くのプライム特典があります。

安い料金でこれだけの特典があるので、利用したい特典がある人やAmazonショッピングをよく利用している人ならメリットが大きいと思います。しかも、どんどん増えてますし。

dTVには継続している月数によって「会員ランク特典」といったものがあり、応募することで抽選でポイントがもらえるという特典があります。もちろん、なかなか当たるものではないので、それほど嬉しい特典ともいえません。
あとは、たまに作品に関するプレゼント応募キャンペーンなどがあったり。

とにかくAmazonプライムの特典はすごいです!

5.同時視聴とアカウント数の違い

項目 dTV Amazonプライム・ビデオ
同時視聴 なし あり(台数不明)
アカウント数 1つ 1つ

dTVはあるデバイスで1人が動画を見てる時には、同時に他の人が違うデバイスで動画をみることができません。

しかし、Amazonプライム・ビデオは同時視聴が可能で、管理人が確認したところでは3台まではできました(4台以上は不明)。
1,000円以下で同時視聴に対応しているVODはほぼ無いので、この金額で同時視聴できるのはスゴイです!

ちなみに、dTVもAmazonプライム・ビデオは、家族ごとにアカウントを作成することはできないので、お気に入りリストや視聴履歴は1つのアカウントで管理となります。

6.ダウンロード機能の違い

項目 dTV Amazonプライム・ビデオ
ダウンロード機能 あり あり

ダウンロード機能(オフライン視聴)」はお互い可能となってます。
自宅で動画をダウンロードしておいて、外出先などで通信量を気にせず視聴することが可能。

ちなみに、再生期限があったとしても、ネット通信をすれば期限は更新されます。

7.対応デバイス(端末)の違い

項目 dTV Amazonプライム・ビデオ
デバイス パソコン、スマホ・タブレット、テレビ パソコン、スマホ・タブレット、テレビ
STB Fire TV、Apple TV、Chromecast、ドコモテレビターミナル、dTVターミナル、Nexus Player Fire TV、Apple TV、PlayStation 4、Xbox One、Wii U

基本はどちらもスマホ・タブレット、PCで視聴ができます。

そして、テレビで見るには対応しているスマートTVやSTB(セットトップボックス)などで視聴となります。

どちらも一般的な機器に多く対応してるので、それほど困ることはないと思います。

比較まとめ(表)

今までの比較した内容を、表でまとめてみました。

項目 dTV Amazonプライム・ビデオ
料金 月額500円 月額500円(または年額4,900円)
視聴形式 見放題+レンタル 全て見放題
作品数 12万本以上

洋画
2,483(812)
邦画
837(407)
海外ドラマ
515(164)
国内ドラマ
274(200)
韓流・アジアドラマ
339(259)
アニメ
612(422)

8,000本以上

洋画
1,000以上
邦画
437
海外ドラマ
625
国内ドラマ
240
韓流・アジアドラマ
80
アニメ
550

ジャンル 映画(邦画・洋画)、ドラマ(国内・海外・韓流)、アニメ、音楽、オリジナル、教養・バラエティ、シアター、ショートショート、キッズ、ガールズ、フィットネス 映画(邦画・洋画)、ドラマ(国内・海外・韓流)、アニメ、オリジナル、バラエティ、キッズ、ドキュメンタリー、その他
特典 会員ランク特典 配送特典、会員限定先行タイムセール、Prime Music聴き放題、Kindle読み放題、Amazon Photos、Amazonファミリーなど
同時視聴 なし あり(台数不明)
アカウント数 1つ 1つ
ダウンロード あり あり
デバイス パソコン、スマホ・タブレット、テレビ パソコン、スマホ・タブレット、テレビ
STB Fire TV、Apple TV、Chromecast、ドコモテレビターミナル、dTVターミナル、Nexus Player Fire TV、Apple TV、PlayStation 4、Xbox One、Wii U
無料お試し 31日間 30日間

※2019年4月10日現在
※1 Amazonプライム・ビデオの映画・海外ドラマは字幕版と吹替版が1つの動画として分かれてるので、単純に考えてさらに半分くらいの作品数と考えた方がよい

公式サイトdTV」「Amazonプライム・ビデオ

dTVとAmazonプライム・ビデオはどっちがおすすめなのか?

ネット配信

安い料金で高いコスパで動画を楽しみたいなら「dTV」

純粋に動画配信を楽しみたいなら「dTV」がオススメ。

やはりAmazonプライム・ビデオは動画配信専門サービスというわけではないので、やはりコンテンツの質や数が劣る部分があります。

また、子供向けの動画も充実してますし、カラオケがあるので家族で楽しむことができます。

ちなみに、ジャンルとしては「国内ドラマ」「韓国ドラマ」が強いので、そちらが特に見たい人にもおすすめですね。

たまにレンタルビデオを見る、またプライム特典をお得に利用したいなら「Amazonプライム・ビデオ」

たまに動画を楽しむぐらいの人なら「Amazonプライム・ビデオ」がおすすめ。

動画配信サービスとしては作品数は少なめですが、話題作がそれなりに見れるので、たまにレンタルビデオを見るといったライトに動画を楽しみたい方に向いてます。

また、プライム特典がたくさんあるので、その特典にメリットを感じる人ならお得だと思います。特典もどんどん増えてますし。

ちなみに、ジャンルとしては「海外ドラマ」「アニメ」が強いので、そちらが特に見たい人にもおすすめですね。

まずは、無料お試し体験!

dTVは「31日間」、Amazonプライム・ビデオには「30日間」の無料お試し期間があります。

無料期間中に解約すると、無料で体験することができますので、とりあえずどんな感じか試してみたい方は、無料お試しをしてはどうでしょうか?

dTVのお申込みは、以下からどうぞ。

dTV

Amazonプライム・ビデオのお申込みは、以下からどうぞ。

Amazonプライム・ビデオ

会員登録はネット上ですみ、それほど難しいものでもないですが、登録方法が不安な方は以下の記事を参考にしてください。

それでは、dTVとAmazonプライム・ビデオの違いを比較。同じ月額500円のライバル!でした。

本作品の配信情報は2019年4月10日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVとAmazonプライム・ビデオのホームページもしくはアプリをご確認ください。