dTVとU-NEXTの違いを比較。500円と2000円クラスの違いはどれほどあるのか!

動画配信サービス「dTV」と「U-NEXT(ユーネクスト)」の違いを比較します。

料金や作品数、ラインナップ、特典、対応デバイス、ダウンロード機能などを詳しく比較。500円と2000円クラスのVODの違いは、どれほどあるのかを検証します。

「dTV」と「U-NEXT」とは?

公式サイト:dTV

dTVは、映画・ドラマ・アニメを中心とし、他のVODとは少し違ったその他のジャンルもそろっている定番の動画配信サービスの1つ。
会員数は500万人を超えていて、有料の動画配信サービスの中ではシェアNo.1を誇ってます(2016年6月時点)。

公式サイト:U-NEXT

U-NEXTは、映画・ドラマ・アニメを中心とした定番の動画配信サービスの1つ。
圧倒的な充実したコンテンツ数やお得な特典、便利な機能があります。また、動画だけでなく電子書籍も楽しめるエンタメサービスとなってます。

dTVとU-NEXT(ユーネクスト)の違いを比較する

dTVとU-NEXTを比較

簡単に結論をいいますと、dTVとU-NEXTはお互い「映画・ドラマ・アニメ」を中心としてますが、U-NEXTの方が作品数や特典、機能がとても充実してます。

500円と2,000円クラスという料金の大きな差があり、やはりそれだけの質の差が。

なので、贅沢に楽しむなら「U-NEXT」、低価格でそれなりに動画を楽しむなら「dTV」となります。

以下、2つの違いを詳しくみていきます。

※簡単に2つの違いを知りたい場合、下の方にある違いをまとめた「比較まとめ(表)」を確認してください

1.料金と視聴形式の違い

項目 dTV U-NEXT
料金 月額500円 月額1,990円
視聴形式 見放題+レンタル 見放題+レンタル+購入

料金は、dTVは月額500円(税抜)で、U-NEXTは月額1,990円(税抜)となります。

最近の動画配信サービスは、約500円、1,000円、2,000円といった3クラスがありますが、dTVとU-NEXTは代表的なものだと思います。

視聴形式は、お互い「見放題」と「レンタル」。

基本的には見放題が多く、レンタルは新作がレンタルといったことが多いです。
ただし、お互い旧作でも一部でレンタルがあったりします。

あと、U-NEXTでは一部で「購入」できる作品があり、視聴期限は無制限に(映画や、成人向けなどで購入はある感じ)。

2.作品数の違い

項目 dTV U-NEXT
作品数 12万本以上 16万本以上

作品数は12万と16万となってますが、中心となっている映画・ドラマ・アニメの「物語系の動画」を合計してみると、そこまでの割合をしめてるわけではないです。

その他のジャンルの数が多くあったりするので、公式が発表している全体の作品数は参考までにした方が良いです。

以下、中心となっている映画・ドラマ・アニメの作品数。

ジャンル dTV U-NEXT
洋画 2,483(812) 4,764(3,746)
邦画 837(407) 2,961(2,600)
海外ドラマ 515(164) 778(518)
国内ドラマ 274(200) 831(495)
韓流・アジアドラマ 339(259) 842(725)
アニメ 612(422) 2,502(2,062)

※2019年4月10日現在。()内は見放題の数

ジャンルごとの作品数をみると、やはりU-NEXTの方が圧倒的な数となってます。
見放題の数だけを見ると、5倍以上も差が。

もちろん、数の多さによってU-NEXTの方が映画にしろ、ドラマにしろ作品のバリエーションが多くなってます。

料金クラスの差が、作品数に出てますね。

2.ラインナップの違い

項目 dTV U-NEXT
ジャンル 映画(邦画・洋画)、ドラマ(国内・海外・韓流)、アニメ、音楽、オリジナル、教養・バラエティ、シアター、ショートショート、キッズ、ガールズ、フィットネス 映画(邦画・洋画)、ドラマ(国内・海外・韓流)、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、成人向け

定番のVODは、映画・ドラマ・アニメを中心にしてますが、ジャンルに特徴が出てきます。

(1)映画・ドラマ・アニメは圧倒的にU-NEXT

国内ドラマ

作品数でもわかるように、やはり映画・ドラマ・アニメはU-NEXTが強いです。

圧倒的な作品数があるので、新作から旧作まで多くの作品を楽しめます。

また、U-NEXTでは海外ドラマが見れるリアルタイム配信「FOXチャンネル」があるので、最新の海外ドラマが視聴できます(また、見逃し配信もあり)。
以前はdTVでもありましたが、途中でなくなったのは残念…

ただ、オリジナルドラマはdTVが力が入ってます。

漫画原作をドラマ化したものや、映画で人気となった『銀魂』のドラマなど。
また、2018年には国内では初となる映像配信事業者・dTVが1社単独で劇場公開映画『パンク侍、斬られて候』を制作・配信。

(2)音楽ライブはdTV

アイドル

dTVはエイベックスが絡んでいることもあって、音楽には力が入ってますね。

特にライブ映像はアーティストごと、またイベントのライブなどがけっこうな数が配信されています。

そして、U-NEXTの音楽ジャンルは「アイドル」に力が入ってる感じ。
モーニング娘やももいろクローバーZ、はたまた現在大人気の橋本環奈が所属していたアイドルグループのRev.from DVLの動画も。

(関連記事)橋本環奈のアイドル時代「Rev.from DVL」の動画をみるならU-NEXT!ライブ映像やMV、バラエティ番組など

(3)dTVの変わり種「フィットネス」「カラオケ」「ムービーコミック」

エクササイズ

dTVはけっこう変わり種のジャンルがあります。

2018年には「フィットネス」というジャンルをたちあげ、フィットネスに関する動画を多く配信してます。
こちらもエイベックスがからんでいることもあり、TRFのダンスエキササイズもあり。また、胸キュンしながら美しくなるエキササイズドラマも。

(関連記事)dTVに新ジャンル「フィットネス」追加!きゅんトレやTRFダンスエクササイズの動画で、ジムより安いお家フィットネス!

また、音楽ジャンルには「カラオケ」があり、自宅でカラオケなんでできます(笑)。
カラオケといっても適当なものでなく、JOYSOUNDの映像をつかってるようなので、本格的なカラオケを体験できます。

そして、「ムービーコミック」。
漫画に背景音やセリフ音声をいれて、漫画を読む?見る?ムービーコミックがあります。人気作の漫画があるので、アニメまたはドラマとは違った感覚で楽しめます。もちろん、男性漫画から少女漫画まで。

このように、他のVODにはない変わり種がdTVにはあります。

(4)U-NEXTの濃い目の「趣味」「ホラー」「グラビア」など

アニメ

U-NEXTのその他のジャンルとしては麻雀、パチンコ、釣りといった趣味や、閲覧注意のホラーといったものもあります。

さらに、水着のグラビア映像といったコンテンツも。

ちょっと濃い大人向けといった感じの動画もあったりします。

(5)男性におすすめのU-NEXTの「成人向け」

セクシー

U-NEXTの目玉の1つとしては、「成人向け」ジャンルがあることでしょう。
メニューの「その他」と表現されているとこが、成人向けとなってます。

他の定番のVODではほとんど無いので、大きなウリとなっているジャンル。
しかも、見放題が15,000本以上あるので、たくさん楽しむことができます。中にはU-NEXT独占配信の作品も。

ちなみに、子供がみれないような機能もきちんとそなわってます。

3.特典の違い

項目 dTV U-NEXT
ポイント特典 なし 毎月1,200ポイント
その他特典 会員ランク特典 雑誌70誌以上が読み放題

U-NEXTは大きな特典として、毎月1,200ポイントがもらえます。

1P=1円といった感じで、レンタル作品で使えたり、電子書籍などを購入することができます。
月額の半分以上のポイント数なので、だいぶお得!

そして、他の特典として「雑誌70誌以上が読み放題」といった特典もあります。

dTVは、ドコモの「dポイント」を使ってレンタルに使用できますが、毎月付与といった特典はありません。

そして、dTVには継続している月数によって「会員ランク特典」といったものがあり、応募することで抽選でポイントがもらえるという特典があります。もちろん、なかなか当たるものではないので、それほど嬉しい特典ともいえません。

dTVの方は、あまり特典といえる特典ではないですね。

そして、お互い作品に関するプレゼント応募キャンペーンをおこなったりもしてます。

4.動画以外のサービスの違い

項目 dTV U-NEXT
動画以外 なし 電子書籍、音楽配信

U-NEXTは動画以外に、電子書籍のサービスも利用できます。

漫画・ラノベ・書籍を購入することができ、毎月支給されるポイントを使うことも可能。
中には一部無料のものがあったり、セールなども行ってます。

他には音楽配信「SMART USEN(スマート ユーセン)」もあり、こちらはオプションで月額490円(税抜)で利用できます。
いろいろなテーマの1,000ch以上ある中からチャンネルを選ぶと、あとはそのテーマの曲が流れっぱなしになる音楽配信です。店内などに流れてるBGMみたいなもの。

音楽配信はともかく、定期的に本を購入している人などは、ポイントで購入できてお得かもしれませんね。

5.同時視聴とアカウント数の違い

項目 dTV U-NEXT
同時視聴 なし 4台
アカウント数 1つ 4つ

U-NEXTは4台の「同時視聴」が可能。
誰かがあるデバイスで動画をみている時に、他の人が違うデバイスで動画をみることができます。なので、家族がそれぞれで好きな時間で楽しめます。

dTVは、同時視聴はなし。
1,000円以下で同時視聴に対応しているVODはほとんど無いので、当然といえば当然ですが。

そして、アカウント数はU-NEXTは契約したアカウント以外に、3つのアカウントを追加することができます。

そのアカウントを使って、家族それぞれが利用が可能。
ちなみに、契約したアカウントを「親アカウント」とよび、追加する3つは「子アカウント」とよびます。子アカウントは成人向け作品が見れなかったり、購入制限の設定をすることもできます。

(関連記事)U-NEXTの子アカウント(ファミリーアカウント)とは?追加や購入・年齢制限の設定方法

6.ダウンロード機能の違い

項目 dTV U-NEXT
ダウンロード機能 あり あり

ダウンロード機能(オフライン視聴)」はお互い可能となってます。
自宅で動画をダウンロードしておいて、外出先などで通信量を気にせず視聴することができます。

ちなみに、再生期限があったとしても、ネット通信をすれば期限は更新されます。

7.対応デバイス(端末)の違い

項目 dTV U-NEXT
デバイス パソコン、スマホ・タブレット、テレビ パソコン、スマホ・タブレット、テレビ
STB Fire TV、Apple TV、Chromecast、ドコモテレビターミナル、dTVターミナル、Nexus Player Fire TV、U-NEXT TV、Chromecast、ドコモテレビターミナル、Nexus Player、PlayStation 4

基本はどちらもスマホ・タブレット、PCで視聴ができます。

そして、テレビで見るにはそれぞれに対応しているスマートTVで視聴することができます(詳しくは公式サイトでチェック!)。
あとは、対応しているSTB(セットトップボックス)やゲーム機で視聴することも。

どちらも一般的な機器に多く対応してるので、それほど困ることはないと思います。

比較まとめ(表)

今までの比較した内容を、表でまとめてみました。

項目 dTV U-NEXT
料金 月額500円 月額1,990円
視聴形式 見放題+レンタル 見放題+レンタル+購入
作品数 12万本以上

洋画
2,483(812)
邦画
837(407)
海外ドラマ
515(164)
国内ドラマ
274(200)
韓流・アジアドラマ
339(259)
アニメ
612(422)

16万本以上

洋画
4,764(3,746)
邦画
2,961(2,600)
海外ドラマ
778(518)
国内ドラマ
831(495)
韓流・アジアドラマ
842(725)
アニメ
2,502(2,062)

ジャンル 映画(邦画・洋画)、ドラマ(国内・海外・韓流)、アニメ、音楽、オリジナル、教養・バラエティ、シアター、ショートショート、キッズ、ガールズ、フィットネス 映画(邦画・洋画)、ドラマ(国内・海外・韓流)、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、成人向け
特典 会員ランク特典 毎月1,200ポイント
雑誌70誌以上が読み放題
動画以外 なし 電子書籍、音楽配信
同時視聴 なし 4台
アカウント数 1つ 4つ(子アカウントが3つ)
ダウンロード あり あり
デバイス パソコン、スマホ・タブレット、テレビ パソコン、スマホ・タブレット、テレビ
STB Fire TV、Apple TV、Chromecast、ドコモテレビターミナル、dTVターミナル、Nexus Player Fire TV、U-NEXT TV、Chromecast、ドコモテレビターミナル、Nexus Player、PlayStation 4
無料お試し 31日間 31日間

※2019年4月10日現在

公式サイトdTV」「U-NEXT

dTVとU-NEXTはどっちがおすすめなのか?

ネット配信

贅沢に動画を楽しむなら「U-NEXT」

贅沢に作品をたくさん見たい、また家族で見たいなら「U-NEXT」がオススメ。

やはりVODの中では2,000円クラスと高いこともあり、作品数が多いですし、特典や機能も充実しています。

毎月の料金としては高いと感じますが、その金額にみあった内容となってます。
特に家族でそれぞれで見るなら、充分お得!それぞれのスタイルで動画ライフを楽しめます。

安い料金で高いコスパで楽しみたいなら「dTV」

予算がそれほどないなら安くて高コスパの「dTV」がオススメ。

500円と安いですが、500円クラスのVODの中ではdTVはコンテンツが充実している方です。
コアに動画を見たいという方には物足りないかもしれませんが、たまの休日にテレビと違った作品をみたい、始めてのVODを体験してみたい、といった方にちょうどいいサービスです。

もちろん、子供から大人まで楽しめる作品があるので、家族で楽しむこともできますよ。

まずは、無料お試し体験!

dTVとU-NEXTは「31日間の無料お試し」があります。

無料期間中に解約すると、無料で体験することができますので、とりあえずどんな感じか試してみたい方は、無料お試しをしてはどうでしょうか?

dTVのお申込みは、以下からどうぞ。

dTV

U-NEXTのお申込みは、以下からどうぞ。

U-NEXT

会員登録はネット上ですみ、それほど難しいものでもないですが、登録方法が不安な方は以下の記事を参考にしてください。

それでは、dTVとU-NEXTの違いを比較。500円と2000円クラスの違いはどれほどあるのか!でした。

※本ページの情報は2018年4月10日時点のものです。最新の情報は公式サイトにてご確認ください