感想『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(アニメ映画版)※ネタバレあり

2017年公開のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を見ました。

制作会社のシャフトの作品は好きなので、映画が発表となった時には興味はありましたが、見ないままになってました。
そして、加入してる動画配信サービスのレンタルで公開されていたので、余っていたポイントで視聴。その感想をのべたいと思います。

ちなみに、公開時はあまり評価はよくなかったみたいですね。
その悪い評価についても語ってみたいと思います。

※一部、ネタバレあり

あらすじ

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。
そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。
なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。
なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。
すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた・・・。

シャフトぶしが炸裂

アニメ制作会社のシャフトといえば、「シャフトぶし」(個人的に名付け)。

演出は相変わらずシャフトという感じです。
カット割りとか、正面画をよく使うとか、間もいかにもシャフトですね。

大好きな人気作「物語シリーズ」では、思春期の主人公を表現するのがスゴイうまかったですけど、こちらの映画でも同じように思春期の子を表現するのがうまいです。
視線の動きとか、仕草とか。あとは、主人公がみてる色気のあるヒロインのカットとか。

また、いつものアニメではシンプルな背景画とか使いますが、こちらの映画ではシッカリとしたキレイな背景画を描いてますね。
映画『君の名は』みたいな凝りすぎの背景じゃないですけど、十分キレイな背景画です。

キャスト(広瀬すず・菅田将暉)の声

ヒロインのナズナの声優は「広瀬すず」で、主人公のノリミチの声優は「菅田将暉」。
2人とも声優ではなく、俳優を起用。

上手くないとか、普通の声優の方がよかったといった評判が多かったですが、個人的にはよかったと思います。

前から思ってましたけど、広瀬すずの声ってややアニメ声よりなんですよね。
また、甘い感じの声なので、今回のヒロインの性格的にあっていたと思います。クラスで人気のある女子で、子供なんだけど大人っぽく振る舞う感じがあってます。

また、菅田将暉もよかったと思います。
なんというか彼のザラつき感のある声質がいいですね(響くザラつき感というか…)。甘い広瀬すずと対比でマッチしてますし。

そんな感じで、よかったと思います。

ヒロインのナズナが可愛い

この映画の見どころの一つといえば、やはりヒロインのナズナが可愛いという点。

いろんな仕草や、セリフの一つ一つにドキドキさせられます。
ナズナが始めて主人公とまともにやりとりする「プールのシーン」は、それがとても現れているシーンです。
プールに寝そべっていたり、目つぶったまま会話したり、なんだか曖昧なセリフはいたり、かと思えば急に主人公と友人の競争にノリノリで乗り込んできたりと。

いいなと思うのは、プールでの競争後の水をかけるシーン。
普通に誘うのではなく、水をかけながらという可愛らしさ。誘うの恥ずかしいのもあったのかな。ユウスケの時は嫌がらせ?そんな女心のみえるシーンでもあります。

そして、プールだけでなく、その後の2人のからみでいろんな可愛らしさをみせますね。

もちろん、ナズナが可愛くみえるのは、主人公あってのものなんですけどね。
ナズナに対して主人公のドキドキが、みてる人にも伝わるということで。

リアリティがあって共感

リアリティがあるという点も、この物語がリアルに感じれ面白さを生んでいるポイントですね。

はじめに目につくのが主人公ノリミチとナズナの身長差。
ヒロインの方が背が高いという珍しい設定です。アニメ作品では見たことない設定かも。

これがリアリティがあってけっこう効いてます。
若い頃は女の子の方が背が高いなんて、実際はよくあることですからね。

次に、好きな子に対する距離感。
主人公のヒロインのことが気になっている感じは、リアリティのある反応ですね。
チラチラみちゃうとか、視線あわせない、牽制しながらの会話、部屋で彼女の写真みちゃうとか(笑)

そして、主人公だけでなく友人のユウスケもそうですね。
「俺、告ろうと思うんだ」とか、でもイザむこうから来られると若さゆえ引いちゃうとか。

あとは、友人たちのバカっぽい感じもリアリティあって、懐かしい感じ。
花火が丸いか平べったいかという、くだらないことで盛り上がったり、それを実行にうつし見に行ったりと(まあ、物語としては大事なんだけど)。友人たちのやり取りとか、スケベな感じとかもそう(笑)
よく考えたら、最近はアニメにしろドラマにしろ、こんなキャラクター達はでないな。

そんなふうにリアリティがあるから、ただのファンタジーいっぱいでおしまい!とはなってないです。

主人公の感情にそったストーリー

ストーリーは簡単にいうと「家出もの」なので、そんなに派手なお話にはなりません。

世界を救ったり、誰かの命を救ったりなんて無いので、わかりやすく盛り上がったりはしません。
地味に、淡々と家出をしています。
「家出して帰ってくる」、それが家出ものです。

そういうこともあり、悪い評価につながったりしてると思います。

このお話はストーリーがどうのこうのというより、キャラクターの成長が中心となっています。
主人公とヒロインが、お話が進むごとに少しずつ変わっていく。特に主人公が。

一見わかりにくいですが、会話や仕草からいろんな感情ドラマが生まれているのがわかります。
2人の距離感の変化だったり、理想と現実の葛藤だったり、心の試練があったり、主人公が溺れかけたりとか(水だけに)。2人は物語が進むごとに変化していってます。

もちろん、キャラクターの感情にあわせてストーリーは進んでいるので、わかりやすい。

あとは、ユウスケが「対比」となっているのは良いですよね。
主人公とお互い好きだけど、どういう道を歩むのかが見えて。途中、主人公がナズナと仲良くしてるせいで、逆に告白する意思をかためたのもいい。また、物語の後半もいきてましたね。

最後のクライマックスは、キレイに盛り上がって決まってました。
個人的には、ナズナが最後の方で主人公に問いかけるセリフがよかったです。何でも無いようなセリフですが、それ言っちゃうんだと萌えます。悲しいけど、希望の言葉。
やっぱり女の子の方が、先に大人になちゃうのかな~なんて思いましたね。

このお話は、けっこう「会話劇」なところがあるのかな。
シャフトの物語シリーズと構成が似てるといえば似てるので、物語シリーズが好きな方には受け入れやすいお話かも。

ストーリーとラストシーンの解釈が難しい

※一度、映画をみた人用の解説

見た人の評判が悪いのは、ストーリーの解釈が少しむずかしい点があるようですね。
どういうことか意味がわからなかった…」みたいな意見が多いですし。

実は私も最初みた時は、ポカンでした(笑)
後半はあれやこれやで進むので、何が起きてるのかよくわからなかったです。

でも、2回目みたら「ああ、そういうことね」とわかりました。
映画『君の名は』みたいに、わかりやすいゴールがあるわけじゃないので、1回みただけじゃあわかない人が多かもしれませんね。
また、抽象的な感じなので、何が起きてるかのベースとなる文脈がわからないと理解しずらいです。

私が混乱した理由は、はじめに「タイムリープもの」として見ていたせいでした。
もしも玉を使って何度も過去に戻って、やり直しているという。

でも、そう単純な話ではなくて、実はタイムリープはしてませんでした。
アニメでよくある「並行世界(パラレルワールド)」に移動する感じですね。
もしも~したらどうなっていたかという世界に、どんどんジャンプしていくという話。
例としては、アニメ『シュタインズゲート』みたいな。

しかし、さらにややこしいのは、ふつうの並行世界でなく、実は「妄想平行世界」だったということ。
もしも玉が、生み出している「妄想のifの世界」だったということ。その妄想世界をジャンプしてわたり歩いていると。

なので、主人公ノリミチがもしも玉を使って、妄想並行世界へ入ってヒロインとあれこれして物語を進め現実に戻ったけど、現実は何ひとつ変わっていないです。
現実は主人公以外、路地でナズナが連れ戻されたところで止まっている。

これが物語の文脈で、ここを理解できれば物語で何が起きてるかがわかります。評価も変わってくると思います。

あとは、「ラストシーン」ですね。
ラストシーンがよくわからないという人が多い。物語を理解できないと、わかりにくいラストシーンなのかも。

あれは単純にハッピーエンドだと思いました。
物語を体験した主人公は成長し、現実に帰ってきた。クライマックスのナズナの問いに答えたし(セリフではいってないけど)。
やっぱり、成長した主人公なら旅立つんじゃないかな。新たな世界に。
で、対比のユウスケは、旅立つことはできなかったと(それもまた現実だけど)。

まとめ

といった感じで悪い評判はありますが、個人的には面白かったです。

解釈などが難しいように思われますが、ポイントさえわかれば何回かみるとジワジワと面白さがわかってきます。よい作品だと思います。

特に若い頃に初恋にモヤモヤした人にはピッタリじゃないですか。

まあ、ただ純粋に、主人公とヒロインの初恋のモエモエするやり取りに、思いを馳せるの良いと思いますが(笑)
何度もいってますが、ナズナ可愛いし!

まだ見てない人は、おすすめします。

この映画がおすすめな人

映画『打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか』をおすすめする人は、以下の人。

  • ナズナの可愛さにモエモエしたい人
  • 青春時代の好きな人、初恋時代を思い出したい人
  • 「もしも…だったら」が口グセな人
  • シャフトの物語シリーズが好きな人

動画配信サービスでみるなら

記事を書いている時点では、以下の動画配信サービスで「レンタル」で視聴できます。

動画配信サービス サービス紹介
Amazonプライム・ビデオ 詳細ページ
dTV 詳細ページ
U-NEXT 詳細ページ
FODプレミアム 詳細ページ

U-NEXTは無料お試し時に「600ポイント」もらえるので、レンタル作品みるならおすすめです。

ちなみに、1993年に放送されたテレビドラマの実写版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? – New Color Grading –』と見比べるのも面白いかも。ストーリーは似てる点もありますが、違ったものになってます。
実写版ドラマは、「Amazonプライム・ビデオ」「U-NEXT」「FODプレミアム」で見放題でみれます。

それでは、感想『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』でした。

本作品の配信情報は18年8月5日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については公式ホームページもしくはアプリをご確認ください。