dTVチャンネルとは?またdTVとの違いは?

ドコモから新たな映像サービス「dTVチャンネル」が、2018年1月30日から開始されました。

dTVチャンネルの詳しいサービス内容と、既にあるドコモ系の動画配信サービス「dTV」との違いは何か?を解説いたします。

dTVチャンネルとは?

公式サイト:dTVチャンネル

dTVチャンネルとは、30以上の専門チャンネルがリアルタイム配信でみれる動画配信サービス。

映画・ドラマ・アニメやその他の多くの専門チャンネルを、リアルタイムで配信する動画配信サービスは今までなく、新しい映像配信サービスといえます。
そして、特別な専用機器がなくても、PCやスマホ・タブレットでどこでも楽しめます。

テレビで見るには4K/HDR対応の専用端末「ドコモテレビターミナル」(2018年1月30日発売)か、「Chromecast」が必要。
ドコモテレビターミナルは、同じドコモ系列のdTVやdアニメストア、DAZN for docomo、そしてYouTubeも視聴可能の高機能なデバイスです。
>ドコモテレビターミナルの詳細記事はこちら

コンテンツの内容は、定番の映画・ドラマ・アニメ、音楽、ドキュメンタリー、趣味・実用、ニュースなど幅広いジャンルがそろっています。
30チャンネル以上もあるので、見ごたえはバッチリ!マニアックな番組から、定番の作品が視聴できます。

そして、なんといっても料金はスカパーやWOWOWなどと違ってとにかく安い!
配信しているチャンネルの多くは、CS放送などで放送している専門チャンネル。有料放送とまったく同じ番組内容というわけではなくオリジナル編成ですが、それでも多くのチャンネルがこの低価格で見れるのはスゴイです。
今まで視聴したくても、料金が高くて視聴できなかった人には朗報です。

そして、ドコモケータイなどを利用している人と、利用していない人によって月額料金は違い、利用している人はさらに安くなります。

ドコモを利用している人
dTVチャンネル
ドコモを利用してない人
dTVチャンネル
月額780円(税抜) 月額1,280円(税抜)

さらに「お得なパック料金」があり、同じドコモ系列の月額500円の「dTV」と同時加入すると(または既に加入済みなら)安くなります。

dTVとdTVチャンネルのパック料金は、以下のようになります。

ドコモを利用している人
dTV+dTVチャンネル
ドコモを利用してない人
dTV+dTVチャンネル
月額980円(税抜) 月額1,480円(税抜)

既にdTVに入っていて、ドコモを利用しているなら「480円プラス」で、ドコモを利用してない方は「980円プラス」でお得にdTVチャンネルに加入できます。
dTVに入っている方なら、ついでに入っておきたい安い料金です。
>詳しいセット割引の記事はこちら

そして、もちろん無料お試し期間があり、通常7日間のところ「31日間無料お試しキャンペーン中」となっています。

公式サイト:dTVチャンネル

ラインナップ

以下、配信されるチャンネル一覧です。

(映画・海外ドラマ)
最新海外ドラマや名作映画の「ソニー・チャンネル」や、マニアックな作品から名作まで世界の選りすぐりの映画の「映画ザンマイ!」。

(アニメ)
最新ヒットアニメや名作の「ANIMAX」や、海外アニメの「カートゥーン ネットワーク」など。

(韓流・華流)
韓国人気ドラマや音楽バラエティの「KBS World」や、アジアドラマの「あじどらはん~韓流・華流・エンタメTV~」や、韓国エンタメの「Kchan!韓流TV」など。

(エンターテイメント)
TBS番組の「TBSオンデマンドチャンネル」や、アイドル見せすぎの「Kawaiian TV」、麻雀やパチスロなどの「エンタメ~テレ☆バラエティ SELECT」、ちょいエロなど男心をくすぐる「MEN’S NECO」など。

(音楽)
国内外の音楽の「MTV MIX」、メジャーからコアな音楽の「&MUSIC」など。

(ドキュメンタリー)
歴史のリアリティ番組やエンタメの「ヒストリー」、世界最高峰のドキュメンタリーの「ナショナル ジオグラフィック」や、車やバイクの「ディスカバリー・ターボ」。

(趣味・実用)
生中継や講座の「囲碁プラス」「将棋プラス」、いろんなジャンルのダンスの「ダンスチャンネル by エンタメ~テレ」、麻雀プロの「MONDO麻雀TV」、国内外の観光情報の「タビテレ」、国内外の釣りの「釣りビジョンPlus」など。

(ニュース)
CSで放送したニュースを厳選した「TBSニュースバードEverywhere」や、国際ニュースの「euronews」など。

※チャンネルは変更となる場合があります

dTVチャンネルとdTVの違いを比較

dTVチャンネルはドコモ系列の新しい動画配信サービスですが、ドコモには以前から「dTV 」という動画配信サービスがあります。

この「dTVチャンネル」と「dTV」は何だか似たようなものに見えるけど、何がどう違うのか?

いろんな角度で、違いを比較してみたいと思います。

視聴形態

dTV dTVチャンネル
リアルタイム配信 オンデマンド配信

dTVチャンネルは「リアルタイム配信」で、テレビ番組に新たに30以上のチャンネルが増えるようなもので、決まった配信時間にそって番組を視聴する形になります。
なので、見逃すともう見れなくなるので、緊張感をもって番組を見ることができます。

しかし、番組を見逃しても「最大2週間の見逃し配信」が一部の番組であり、後でゆっくりと視聴が可能。
また、見逃し配信がない番組でも、再び繰り返し放送される番組もあるので、見逃してもチャンスはあります。

dTVは「オンデマンド配信」で、12万本以上の作品を好きに見たいものを選んで、自分の時間にあわせて視聴することができます。
また、シリーズものなら過去の回はいつでも見れますので、見逃したらもう見れないということはありません。

さらに、ダウンロード視聴もできるので視聴の自由度が高いです。
悪くいうと、いつでも見れるのでボケーっと見ないままになったりと。

このように視聴形式は、大きく違ったものとなります。

料金

dTV dTVチャンネル
月額500円 月額1,280円(ドコモ会員 月額780円)

dTVが月額500円で、dTVチャンネルが月額1,280円(ドコモ会員なら月額780円)となっており、dTVチャンネルの方が料金が高くなっています。

dTVは気軽に加入することができる低額料金ですが、dTVチャンネルは少し考えてしまいますね。

しかし、dTVチャンネルはスカパーやWOWOWなどと比べるとだいぶ安い。
さらに、dTVとdTVチャンネルの両方加入すると「お得なパック料金」となり安いですし、特にドコモ利用者はさらにお得にです。

ちなみに、どちらもドコモケータイなどを利用していなくても、誰でも加入できます。

コンテンツ

dTV dTVチャンネル
映画、ドラマ、アニメ、韓流・華流、音楽、バラエティ、シアター、ショートショート、フィットネス、ニュース、オリジナル、カラオケ 映画、ドラマ、アニメ、韓流・華流、音楽、エンターテイメント、ドキュメンタリー、趣味・実用、ニュース

コンテンツのジャンルは、dTVとdTVチャンネルは近いものがあります。

しかし、内容の色はぜんぜん違っていて、簡単にいうとdTVは「レンタルビデオ」で、dTVチャンネルは「テレビ番組」の作品といった感じ。
dTVはレンタルビデオ作品のように、カチッとしっかり作り込まれた作品が多く、dTVチャンネルはテレビ番組のようなユルい作品が多いです。

dTVは「映画・ドラマ・アニメ」を中心としたコンテンツとなっていますが、dTVチャンネルはそれ以外のジャンルのコンテンツが強い。
dTVチャンネルは、どのジャンルが強いかでなく、どのジャンルもまんべんなく同じレベルという感じなので、比較すると映画・ドラマ・アニメの量が劣ります。
その点を強くみたい方は、物足りなさを感じるかもしれません。

その代わり、映画・ドラマ・アニメ以外のジャンルは、dTVチャンネルの方が強いコンテンツとなっています。
dTVにも、それに近い「その他」のジャンルがありますが、dTVチャンネルにはかないません。
ジャンルの幅が広いですし、専門チャンネルですし、dTVには無いジャンルもあります。

また、dTVチャンネルは通常の地上波では放送されていない多くの番組があるのも大きな特徴ですね。
マニアックな番組があったり、良い意味ですごいくっだらない番組があったりと。その点はウリの1つ。

どっちが優れているかというより、何を見たいかという好みが大きく影響すると思います。

デバイス(端末)の対応状態

dTV dTVチャンネル
スマホ・タブレット、PC、テレビ(スマートTV、STB) スマホ・タブレット、PC、テレビ(STB)

dTVは、スマホ・タブレットPCテレビのいろんなデバイスに対応しています。

テレビで見るには、dTVに対応したスマートTVや、STBの「ドコモテレビターミナル」「dTVターミナル」「Fire TV」「Apple TV」「Chromecast」などの多くの機器に対応。

dTVチャンネルも、スマホ・タブレットPCテレビに対応。

テレビで見るにはSTBが必要で、現在のところは「ドコモテレビターミナル」「Chromecast」だけとなってます。
今後、対応となる端末が増えていくと思いますが、少ない点がネックですね。

ダウンロード機能(オフライン視聴)

dTV dTVチャンネル
ダウロード機能あり ダウンロード機能なし

dTVは、ダウンロード機能があります

AndroidとiOSのスマホ・タブレットのアプリで作品をダウンロードでき、ネットの繋がってない状態のオフラインで視聴できます(一部、対応してない作品もあり)。
なので、家で作品データをダウロードしておいて、外出先で通信量を気にせず視聴が可能。

dTVチャンネルは、ダウンロード機能はありません。

なので、スマホなどで外出先で見るには少し通信量が気になるところ…
通信量の多いプランに入るか、無料WiFiスポットを利用するなど必要ですね。

dTVとdTVチャンネルをおすすめする人

同じドコモ系列の動画配信サービスですが、dTVとdTVチャンネルをそれぞれオススメする人は以下になります。

dTVをおすすめする人は…

  • 映画・ドラマ・アニメを中心として見たい人
  • 定番の作品を主に見たい人
  • 好きなタイミングで、好きに作品を選んで見たい人

dTVチャンネルをおすすめする人は…

  • CS放送などの専門チャンネルをみたいと思っている人
  • テレビのチャンネル数を増やしたいと思ってる人
  • 毎回、テレビをみる時間をとっているテレビっ子

まとめ

dTVチャンネルは、新しい映像サービスとして面白いと思います。

dTVとdTVチャンネルのどちらかを選ぶのもよいですが、同時に利用するのもアリ

テレビ感覚で「ながら」で適当に見たい時もありますし、レンタルビデオ感覚でしっかりと作品を見たい時もありますし。
最近の動画配信サービスにはリアルタイム配信が少しあったりするので、視点をかえてオマケでリアルタイム配信が30チャンネル以上あると考えて使うのも良いのかも。
また、セット割引で安くなりますしね。

最終的にはどのようなサービスになるかわかりませんが、期待のある新映像サービスです。

ドコモ以外の人、dTVチャンネルの料金が500円値下げキャンペーン中!
(2018年8月1日~2019年3月31日まで)

ドコモ回線を利用していない人は、ドコモを利用している人に比べ高くなっていますが、現在ドコモを利用していない人を対象に、dTVチャンネルの料金を500円割引キャンペーンをおこなっております。

500円安くなるので、以下の料金になります。

  • 「dTVチャンネル」のみ
    月額1,280円 → 月額780円
  • 「dTVチャンネル」+「dTV」セット
    月額1,480円 → 月額980円
  • 「dTVチャンネル」+「dTV」+「DAZN for docomo」セット
    月額3,030円 → 月額2,530円

DAZNのセットをのぞいては、ドコモ利用者と同じ料金になりますので、dTVチャンネルとdTVのセットがだいぶ加入しやすいものになりました。

もちろん、期間をすぎると通常価格になるので、ご注意ください。

無料お試し

dTVチャンネルとdTVは「無料お試し期間」があります。
どちらも通常は7日間ですが、現在31日間無料お試しキャンペーン中

無料で試すには、無料期間中に解約することで無料となります。実際にどんなものか試してみてはどうでしょうか。

ちなみに、dTVチャンネルとdTVを両方セットで試したい場合は、dTVとdTVチャンネルのどちらのサイトからでもセットで申し込みが可能ですよ。

dTVチャンネルの無料お試しは、こちらからどうぞ。

dTVチャンネル

dTVの無料お試しは、こちらからどうぞ。

dTV

登録はそれほど難しいものではないですが、詳しい登録方法が知りたい方は以下の記事を参考に。

それでは、dTVチャンネルとは?またdTVとの違いは?でした。

(関連記事)